お金/カード ニューヨーク旅行の前に

ニューヨーク観光を安全お得にするならクレジットカードを上手に使おう!

投稿日:2016年10月23日 更新日:

Newyork creditcard

ニューヨークは驚くほどのカード社会です。

街のスーパーからデリ(雑貨屋)、レストラン、バー、交通費の支払いも、なんでもかんでもクレジットカードで済ませられます。

確かに、人が多く流れが早いニューヨークでは、サクサクとカード払いで支払いを済ませられるのは非常に合理的ですもんね。

そんな場所へと旅行へ行く観光客の皆さんもまた、是非クレジットカードは持って行くことをおすすめします。

郷に入れば郷に従え、というわけではないですが、それくらいクレジットカードの恩恵は、ニューヨークの五年の生活の中で大きかったのです。

審査が比較的ゆるく、無料のもののみ集めましたので、もし出発までにお時間のある方は是非今のうちに作っておきましょう。

ニューヨーク観光が、よりお得に、安全快適になりますよ!

ニューヨークでクレジットカードを使うメリット

どういう点でぼくがクレジットカードの恩恵を受けたのか。
メリットを紹介していきましょう。

両替するより手数料が安い

普通の両替では、手数料3%前後が一般的です。
それに対して、クレジットカードの利用手数料はなんと基本1.6%。

現金が必要な場合も、現地のATMなどでキャッシングすれば普通の両替をするよりもはるかに安い手数料で利用することが出来るのですが、この事実に気づいていない人は意外と多いんですよね。

両替と手数料に関しては以下の記事で詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

英語対策にも

また、英語が不自由な旅行者にとって大きなメリットであるのが、カード払いにすることでレジでのやり取りが簡単になるということ。

例えば口頭で料金を言われた時など、英語が分からなくて戸惑ってしまうことも考えられます。

そういう場合でも、カード払いにすれば
カードを渡す→サインをする/PINコードを押す
という流れのみで支払いを済ませることができます。

トラブルに遭った場合の非常用

また、スリや盗難などのトラブルに見舞われた際のリスクヘッジとしてもクレジットカードは役に立ちます。

ぼくは一度、ニューヨークの地下鉄の中でスリにあったことがあるのですが、その際に財布を盗まれて現金やカードを失いました。

しかし、家に予備で置いてあったクレジットカードのおかげでなんとかその後も乗り切ることができたんです。

クレジットカードを複数枚所持し、手持ちと滞在先に分けて置いておくなどすると、万が一のトラブル回避にとても役立ちますね。

海外旅行保険のために

また、別のタイミングで結構派手な盗難被害にあったことがあるのですが、この時、クレジットカードに付帯していた海外旅行保険に助けられた経験があります。

クレジットカードの中には、海外旅行保険が付帯しているものがあることも、意外と知られていない事実。

カードを持っているだけで無料で、海外での盗難や事故、病気などをカバーしてくれる補償が付いてくるので、これは活用しない手はありません

ニューヨークでもどんなトラブルが待っているかわかりませんから。

おすすめブランド

ちなみにクレジットカードのブランドではVISAが圧倒的におすすめ。
VISAは基本的にクレジットカード対応のお店ならどこでも使えました。

MasterとAMEX(アメリカンエクスプレス)はどっこいどっこいといった感じで、8割方使えるけどたまに対応していない店があります。

逆におすすめできないのはJCB。
こちらは日本のブランドなので、基本的には使えないと思っておいた方がいいです。

ダイナーズクラブのカードは所有したことがありませんが、友人がそこそこのレストランで使おうとして、対応していないと言われていたので、こちらもあまりおすすめできないかもしれません。

クレジットカードが使えないお店

逆にクレジットカードが使えないお店は以下のような感じ。

  • 路上に出ている飲食店やおみやげ屋さん
  • 良くある中国系/メキシコ系の弁当屋さん
  • お祭りなどの出店
  • その他個人経営っぽいところ

この辺りは基本的には使えないと思った方がいいので、こういう場所で買い物する際のために、現金も分散して持っておいた方がいいですね。

意外と面白いのは、フリーマーケットとかで出店しているお店でもSquareなどのクレジットリーダーを利用してクレジットカード使用可能にしている点。

こういうところがやはりニューヨークらしいですね。

ニューヨーク旅行におすすめのクレジットカード

以前にもまとめて紹介しましたが、もう

初めてのカードならとりあえずこれ!三井住友VISAカード

まず初めにご紹介するのは、まさにクレジットカードの定番、三井住友VISAカード

デビュープラス、クラシック/クラシックA、アミティエと種類がいくつかありますがここでぼくがお勧めしたいのはクラシックもしくはクラシックAカード。

上記リンクからのインターネット入会で、初年度手数料無料も大きいなポイントですが、何より重視したいのはは海外旅行保険。

クラシックAカードであれば海外に行ってから三ヶ月間、手続き不要で保障がつく自動付帯。
クラシックカードは、海外に行った際の交通費などを支払った時点から三ヶ月間で保障がつく利用付帯。

長期で海外に行く人は海外旅行保険期間を引き延ばす裏技が使えるクラシックカードがおすすめですが、短期の旅行であれば国内旅行保険も付いてくるクラシックAカードが良いでしょう。(ちなみにぼくは両方持ってます)

楽天カード

定番の三井住友VISAカードですが、お得に利用するのにはポイント還元率もいまいちで、使い勝手はあまりよくありません。

現地でもし買い物をバリバリする予定なら、おすすめなのが楽天カード。

どこで何を買ってもカードの利用に楽天スーパーポイントが付与されます。
楽天市場で1ポイント1円として使える他、電子マネーEdyに交換することも可能な楽天ポイントは、クレジットカード初心者にとってもポイント還元が目に見えてわかりやすく、非常におすすめです。

またこちらのカードをMasterカードで作っておけば、VISAと組み合わせてどこでも使えるようになるのが便利!

また年会費が10,800円かかるものの、楽天ポイントが恐ろしく貯まる楽天プレミアムカードも選択肢にいれてもいいかもしれません。

普通だと年間40,000円ほどかかるプライオリティ・パスを無料で手に入れることができるという素晴らしい代物で、ぼくはこちらを愛用しています。

セゾンアメリカン・エキスプレス・カード



セゾンアメリカン・エキスプレス・カードも三井住友VISAカードと同じく初年度年会費無料

このカードは、海外旅行者におすすめの特典が盛りだくさんなのです。

まず何より手厚い海外旅行保険で、死亡・傷害・賠償などが最大3000万円という高額保障。

さらにカード会員は手荷物を空港から自宅まで無料配送サービスがついていたり、海外のWi-Fiレンタルが会員限定価格で利用可能であったりと、海外旅行へ行く人にとって非常にありがたいサービスが満載です。

セゾンブルー アメリカン エキスプレス カード セゾン ブルー アメックス|SAISON BLUE AMEX 2016 10 23 18 09 41

管理人のひとこと
SAGAT
安全かつお得にニューヨークを旅行するならクレジットカードは必須!

SPONSORED

SPONSORED

-お金/カード, ニューヨーク旅行の前に
-, ,

Copyright© BASIK NEW YORK , 2016 AllRights Reserved.