観光

今ニューヨーカー(特に女性)が熱い視線を注ぐノーマッド(ノマド)地区ってこんなところ。話題のスポット一挙紹介します。

投稿日:2016年4月4日 更新日:

Nomad area  3 of 22

ニューヨーク、マンハッタンの有名エリアと言えば、ソーホー、チェルシー、アッパーイーストなどがよく名前が挙がりますが、最近よく耳にするようになったのがノーマッド(ノマド)というエリア。

数年前までほとんど耳にすることのなかったこのエリアが、ここ数年どうして一気に人気スポットへと変貌したのでしょうか?

オシャレなレストランやホテルが立ち並ぶ、僕にはあまり縁のなさそうな(笑)エリアですが、実は馴染みの多い場所だということもあって、散歩がてら取材(?)してきました!

ノーマッド(ノマド)地区ってどこ?

ノーマッド=NoMadは、North of Madison Square Parkの略で、その名の通り、マンハッタン南部に位置するマディソンスクエアパークの北側から数ブロック圏内のことを言います。

いわゆるミッドタウンとダウンタウンの間に位置する場所で色々な見所があるのですが、なぜか今まであまり名前を聞くことがありませんでした。

というのも最近までは特に目立ったものもなく、人によってはこの辺りをミッドタウンあるいはダウンタウンの一部と解釈したり、フラットアイアン(・ディストリクト)と被っていて特別パッとする場所でもなかったということもあって、あまり注目されることがありませんでした。

ただ近年になってこのあたりに有名店や話題のスポットが増え、上の地図のエリアをノマドと呼ぶことが市民権を得てきた模様。
実は以前に通っていたFIT(ファッション工科大学)からも近いということもあって頻繁に通っていたエリアで馴染みもあるので、ご紹介したいと思います。

ノーマッド(ノマド)地区ってどんなとこ?

このエリアは2009年のエース・ホテル登場を皮切りに、デザイナーズホテルやレストラン、ブティックなどセンスの良い店舗が多数登場し、流行に敏感な人たちが集まるエリアへと変化しました。

昔ながら安価なデリやレストランも多く周辺に学校も多いため、低所得者層と富裕層が入り混じっていて、NYの人種・文化の多様性を一望できます。
店舗も、建物自体は古いけれど中をリノベーションして運用しているところが多いので、外観は古いけれど中は綺麗にオーガナイズされているようなところが多いです。

ノーマッド(ノマド)地区の人気スポット

そんな今話題のノーマッドの人気スポットを、散歩がてら色々と見回ってきました。

Ace Hotel(エース・ホテル)

Nomad area  17 of 22

いわずとしれた超人気ホテルで、一階のバーはフリースペースとしても利用されており、様々なジャンルの人たちが出入りしています。

ここは入ったことがあります。(学校のアクティビティの一環で・・・笑)

【住所】
20 W 29th St,New York, NY 10001

The Nomad Hotel(ノマド・ホテル)

Nomad area  12 of 22

近年のNYで最も話題&人気になったホテルである、ノマド・ホテル。
宿泊者専用のバーにはいつか行ってみたいです。

入ったこと?ないですよ。

インテリア学生が選ぶ、いつか泊まりたいNYデザイナーズホテル5選。

【住所】
1170 Broadway、New York, NY 10001

The NoMad(ザ・ノーマッド)

ノマドホテル内にある高級レストランで、すでにミシュランは1ツ星を獲得。
多くの業界人から愛される超人気店です。

ええ、入れませんよ、僕には。

[住所は割愛]

Maysville

Nomad area  6 of 22

これまたニューヨークのセレブに大人気(らしい)のレストラン。
半端ないバーボン・ウイスキーのラインナップが有名(らしい)で、モダン・アメリカンというジャンルの料理を扱っているそう。

ば、バーボン飲めないから興味ないし!

【住所】
17 W 26th St、New York, NY 10010

MAISON KITSUNÉ(メゾン・キツネ)

Nomad area  14 of 22

あの音楽レーベルKITSUNEのスタッフが手がけるファッションブランド、MAISON KITSUNÉのニューヨーク店。
ちなみにここの照明デザインを担当した方が大学の先生だったというのはちょっと自慢。

あの先生、僕のことはもう覚えてないだろうな・・・。

【住所】

Izakaya NOMAD(居酒屋ノマド)

Nomad area  5 of 22

日本酒のラインナップが豊富な日系の居酒屋で、まだ出来たばかりかつ狭い店内ながら、日本酒好きのニューヨーカー達から注目を集める人気店。

ここは近いうちに行ってみたい。

【住所】

Museum of Sex(セックス博物館)

Mosex 2

ニューヨークで最も熱い(?)博物館。めちゃくちゃ堂々としてます。かなりポップです。

行ってきました。
初対面の女の子と、出会って10秒でセッ⚪︎ス博物館(モザ有)

マディソン・スクエア・パーク

Nomad area  1 of 22

僕がNYで一番好きな建築、フラットアイアンビルディングの麓にある公園。
暖かいときはここでまったりピクニックを楽しんだり犬の散歩をする、オフなニューヨーカー達の姿が見れます。

マディソン・スクエア・ガーデンとごっちゃにならぬよう。

Shake Shack(シェイクシャック)

NewImage

夏季限定でマディソンスクエアパークの中に登場するのが、日本にも最近上陸して話題沸騰のシェイクシャックの本店。

ニューヨーカーの姿を見ながら青空の下で食べるシャックバーガーは、中々オツです。

ノーマッド(ノマド)地区周辺のカフェ

このノーマッド地区周辺にも、中々良いカフェが揃ってます。
周辺を散歩して疲れたら、ちょっと一息してみては?

管理人のひとこと
SAGAT
正直、こういう呼び方をすることを知らないニューヨーカーも多。。

まだまだ日本での知名度は低いエリアなので、今のうちに抑えておくと、あとあとちょっとドヤれるかもしれません。
ただ、アクセスも良く人気のあるエリアなので滞在はちょっと高く付くかも。観光や飲食にはとてもいいスポットです。

SPONSORED

SPONSORED

関連記事

プロフィール

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は個人事業主として独立し、日本の地方で「デザイン×発信」を通して地域づくりに携わる。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

【Facebookページで更新情報を配信しています】

-観光
-, , , ,

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.