留学

その留学、あなたの人生にとって必要なものですか? 留学に行く意味や必要性などについて考えてみました。

投稿日:2016年4月15日 更新日:

「留学なんて意味ない」「金と時間の無駄」「モラトリアムの延長戦」なんて留学に対するネガティブな意見も少なくありません。

実際のところどうなのでしょうか?

答えは簡単。「その人次第」です。

留学を生かすか殺すかは、その人が留学中にどのように活動し、何を学んだかで大きく価値が変わります。

だからこそ、留学を志したときに一度、考えてみてください。

「その留学、あなたの人生にとって必要なものですか?」

何のために海外に行くのか?

Reason for study abroad  1 of 10

皆さんが留学に行く理由ってなんでしょうか。

例えば...

英語(or他の言語)を話せるようになりたい!

海外に友達が欲しい!

自分の世界を広げたい!

なんとなく!

などなど、様々な理由があるのではないかと思います。

ただ、もう一度冷静に考えて下さい。

それって別に、観光でいいんじゃないの?

英語学ぶだけなら、駅前留学やオンライン英会話でいいじゃん。

英語をやりたい人は、真面目に勉強すれば別に留学なんてしなくても英語は上手くなります。
実際ぼくの友だちで、駅前留学でぼくより遥かに英語が上手いやつもいます。

また最近ではオンライン英会話など、安価で優良なサービスも多く登場しています。

どうしても現地で学ぶ理由がないのなら、こういうものを利用するのも一つだと思います。

戦略的な留学

Reason for study abroad  4 of 10

本題に入る前に、一つだけ。

留学の仕方である例外があります。それは、"留学"という制度を利用した海外滞在です。

国によりますが、例えばアメリカは他のビザに比べて学生ビザを取得しやすいので、アメリカで何らかの活動がしたい場合、まずは留学生としてアメリカに入国・滞在し、なんらかの方法で就労可能なビザを取得しようとする人がいます。

こういう人に関してはぼくからは何もありません。
そのための安価で楽な語学学校の選択は、何も間違ってないと思います。

あと、就職に有利だからという理由に関しても同様です。
ぼくは就活をしたことがないので、本当に有利になるのかどうかは知りませんが、それを踏まえてなのであれば、全然ありだと思います。

留学は、時間とお金がとってもかかる。

Reason for study abroad  3 of 10

話が逸れましたが、本題です。

留学ってお金がかかるんですよ。
単純に学費だけでもバカにならないし、時間も制限される。
その中で授業に出て、与えられた課題をこなし、生活していかなくちゃならない。

それを支援してくれる人にかかる負担も馬鹿にならない。
ぼくも、多少の生活費を稼ぎつつも基本的には親の支援なくしてはこの留学生活成り立ちません。本当に感謝してます頭上がりません。

その中で、あれもしたい、これもしたいってなると、どれだけ時間があっても足りません。

学校生活はぬるくない。

Reason for study abroad  6 of 10

ぼくの見解ですが、大学に行こうが語学学校に行こうが、学校生活はぬるくありません。

それぞれ見ていきます。

大学の場合

日本の大学と同じ基準で考えたら、海外の大学ではやっていけません。

よく言われるのが、日本の大学は進学が難しいが卒業は簡単。アメリカの大学は進学は簡単だが卒業が難しいというのがありますが、日本とアメリカ両方で大学に行ったぼくから見て、これは超・事実です。

日本の大学生活というのは、今思い出しても恐ろしいほどぬるいものでした。
出席なんてあってないようなものだったし、テストは直前に友達に借りたノートでちょっと勉強してりゃそれでよかったし、単位落としたところで別に気に留める必要もありませんでした。
なんなら、授業サボってバイトしたり、友達と遊んだり、バンドしたり、デートしたりと、時間なんていくらでもありました。
一応最後は頑張りましたが、そんな感じでも四年で卒業出来ました。

こっちの大学は違います。
バイトはおろか、友達とご飯を食べにいく時間すらほぼありません。

語学学校の場合

普通の語学学校でも、よほどぬるいところでない限り課題などはしっかりあります。
毎日通うことを考えると、観光なんてしてる時間はそんなにありません。
ましてや短期でそれなりに英語がうまくなりたいのならなおさらです。

もちろん、授業時間、出席、課題がゆるいところは探せば結構あります。
でも、そんなところでなんとなく英語を勉強しながらこっちの生活を楽しみたいなら、それこそ観光で良くない?と思うのです。

時間もお金もマジで無駄。

勉強する気がないなら、留学はやめといた方がいい。

Reason for study abroad  8 of 10

海外にまってぶ、と書いて留学
当たり前ですが、留学の最優先事項は勉強なのです。

それをちゃんと出来ないのなら、留学なんてする意味ありません。

確かに友達を作ったり人に会ったりするなら学校の方が手軽ですが、今はMeetupの様なサイトを使ったり、自分に積極さがあれば別に観光でも町中で声かけるなり出来ます。

っていうか、友達作るために金払って学校行くんですか?

観光なら三ヶ月・ワーホリなら一年。

Reason for study abroad  9 of 10

確かに海外に行くということは、自分にとって貴重な体験です。
見聞を広めるためにも、若い人は皆一度は世界に出るべきだと思います。

だけど、もし勉強という部分にモチベーションが見いだせないなら、それが留学である必要はないのです。

例えばアメリカならビザがなくても観光で三ヶ月滞在出来ます。
アメリカにはありませんが、オーストラリアやヨーロッパならワーホリで現地でお金稼ぎながら一年滞在出来ます。

無駄(謎)に留学にお金を使うくらいなら、これらの手段で海外に行くのも一つではないでしょうか?

管理人のひとこと
SAGAT
皆一度は海外に行くべき。だけど、留学だけが選択肢ではない。

何もぼくは留学に行くな、というわけではありません。
ただ、行くのであれば、もしかしたらもっとお金や時間がセーブできて、ベターな可能性があるかもよ、って話でした。

SPONSORED

SPONSORED

ABOUT

《期間限定!!》この夏、NYでアートを学びませんか?→【アート短期留学キャンプ in New York】

関連記事

プロフィール

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は個人事業主として独立し、日本の地方で「デザイン×発信」を通して地域づくりに携わる。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

【Facebookページで更新情報を配信しています】

-留学
-

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.