暮らし 気候

冬のニューヨークの気候はどんな感じ?雪の降るマンハッタンを1日歩いてきたレポ

更新日:

みなさんは冬のニューヨークに対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

大雪の積もる極寒なのか、それとも意外と暖かくて過ごしやすいのか。

今回は、リアルなニューヨークの冬の様子をレポートしていきます。

冬のニューヨークの気温

holidayweather.comによれば、冬のニューヨークの気候は以下のようになっています。

(℃) 12月 1月 2月
平均気温 9 2 2
最高気温 13 6 7
最低気温 4 -3 -3

基本的な気温は、東京とあまり変わりません。

ただし東京に比べより乾燥しており、寒波がきついという印象があります。

雪が激しく降るときもあり、結構簡単に交通機関が止まったりします(笑)

冬のニューヨークの服装

体感する寒さは、「寒い」というよりは「痛い」という感じ。

この時期のニューヨークに来るのであれば、肌の露出は出来るだけ控えたほうがいいでしょう。

まず、耳までカバーできる帽子か、耳当ては必須です。

また、服の下に着るヒートテックのような防寒着も必須です。

ぜひとも用意しておくべきなのはカイロ。

最低でも滞在日数分は用意しておきたいところです。

また、積雪により足場がとても悪くなることがあるので、できれば靴底がしっかりしたブーツを用意していくのがいいでしょう。

参考冬仕様のブーツを探す

冬のニューヨークの景色

※2016年2月に撮影したものです。

大雪の翌日、マンハッタンを歩いてみました。

道に雪の後が残っています。

車のボンネットに落書きが。読めない。

少し前までいつも公園でチェスをしていたおっちゃんたちは、いつの間にかいなくなっていました。

ちなみにこの時は、-7度でした。

道を歩く人達は、ファー付きのフードをみんなすっぽり被っています。

さもないと耳がちぎれそうになるくらい寒いです。

真剣にフェイスマスクやマフラーでしっかり顔を守らないと、冷気と乾燥でやられるし、実際にあの強盗みたいなマスクつけてる人もたまに見かけます。

乾燥は本当に大問題で、唇だけじゃなく、顔の皮膚がバキバキになる感じです。

ニューヨークは水捌けが悪く、車道と歩道の間の溝に水が溜まりがち。

気温が氷点下になると、それが凍って危険地帯へと化けます。

通称Killer Puddle

毎冬、これで滑ってこけて死ぬ人がいるのがニューヨーク。

冬のニューヨークの室内

ニューヨークのアパートやホテルには基本的に、セントラルヒートという一括管理型の暖房機器がついていて、温度に合わせて自動でついたり消えたりします。

大体、横に付いてるバルブで出力を調節出来るのですが、微妙な温度設定なんて出来なくて、正直ONかOFFかの違いくらいしかありません。(これは建物によって差があると思いますが)

金属でできていて、中を熱湯が回ることで暖かくしているようですが、うるさいです。

このセントラルヒート、とても暖かいのですが、部屋が狭いと暑いくらいで大変です。(笑)

冬のニューヨークについてまとめ

  • 気温は東京と大体同じ
  • 日本より乾燥している
  • 大雪の可能性もあり
  • 寒いというより痛い
  • 出来るだけ肌の露出部分は減らす
  • 凍った水たまりに注意!!
  • セントラルヒートで部屋の中は暑いかも...

冬のニューヨークには、しっかり防寒対策をしていきましょう!

こんな記事もあります

ニューヨークと日本を7回往復して学んだ安いシーズンとお得な格安航空券の買い方。

ニューヨークへの格安航空券を最も安く買うことができるのは、電話でも店頭でもなくネットだというのはみなさんご存知でしょうか? 実は、電話や店頭で購入しようとすると、余分な手数料がかかってしまうことがほと ...

続きを見る

ニューヨーク旅行の持って行くべきものは?在住者のおすすめ持ち物リスト

世界有数の都市であるニューヨーク。 この街で手に入らないものはない、と言っても過言ではないほどモノに溢れています。 とは言え、やはり海外。 もちろんニューヨークでも手に入らないもの、あるいは手に入りに ...

続きを見る

ニューヨークで買い物に一番ベストな時期は祝日周辺?セールの時期をまとめてみました

お買い物天国ニューヨーク。 常に買い物客で溢れかえるこの街では正直、年がら年中セールをしているようにも見えますが、実際のところはそんなこともなく、しっかりと時期ごとに特徴あるセールが行われています。 ...

続きを見る

SPONSORED

SPONSORED

関連記事

  • このサイトの管理人

SAGAT(さがっと)

2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は独立して、関西を中心に地域づくりに携わっています。詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

SNSボックス

更新情報をSNSでお見逃しなく。

-暮らし, 気候

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.