お金/カード ニューヨーク旅行の前に

海外ブロガー達が口を揃えてエポスカードをおすすめする理由は、〇〇〇〇〇〇にありました。

投稿日:2016年4月13日 更新日:

Epos

エポスカードは、あのショッピングセンター、マルイを運営するマルイグループが提供するクレジットカード。

あまり聞きなれないカードですが、こいつはぼくの周りの旅行好きや海外ブロガーの間で圧倒的人気を誇るカードです。

その魅力は年会費無料にもかかわらず補償額が高い&海外キャッシングがお得ゆえ。

具体的にどういうことか、是非見ていきましょう。

読み終わったらきっと、申し込んでいるはず。

エポスカードの特徴

こちらのカードはなんと年会費無料です。
しかし、ポイント還元率が0.5%とかなり低いのです。
保険も、傷害死亡・後遺障害補償が非常に低くて、あまりよくないように感じられるかもしれません。

傷害死亡・後遺障害 最大500万円
傷害治療費用 最大200万円
疾病治療費用 最大270万円
賠償責任(免責なし) 最大2000万円
救援者費用 最大100万円
携行品損害(免責3,000円) 最大20万円

それでもエポスカードが圧倒的におすすめなのは以下の理由から。

  • ケガや病気の補償が年会費無料カードの中ではトップクラス
  • キャッスレス診療サービスが使える
  • 海外ATMでのキャッシングがお得

傷害と疫病の補償が年会費無料カードの中ではトップクラス

傷害死亡・後遺障害が一桁間違ってんの?というくらい低いですが、こちらは他の補償が高いカードでカバー出来るので無問題。そもそも死ぬ前提で海外旅行すんなよって話ですが。

海外旅行で重要視すべきは、やはり現地でのケガや病気。
そこにあたる、傷害治療費用および疫病治療費用の補償がそれぞれ200万270万で、年会費無料のカードの中ではこれはトップクラスに高いです。

年会費1万円の楽天プレミアムカードの300万円と比べても遜色ありません。

キャッシュレス診療サービス

このキャッシュレス診療サービスというのは、カード付帯保険の有効範囲内であれば、現地の病院でカード会社が直接料金を支払ってくれる=自身が支払う必要がないサービスです。

保険金申請手続きなども一切要らずまさにキャッシュレス(現金不要)で手軽に支払いを済ませられるんですね。

海外ATMでのキャッシングがお得

何よりエポスカードがイケてるのは、海外ATM利用時のキャッシングがお得な点。

カードを作ってから一番最初のキャッシングは、なんと30日間金利無料。
金利は実質年率18%で、利息の計算方法は元金残高×18.0%×据置日数÷365日

例えば30,000円キャッシングし、30日後に返済とすると、以下のようになります。

    30,000円×18%×30日÷365日=443円

最初の一回目のキャッシングでは、この手数料が無料になるという仕組みなので、例えば一週間のニューヨーク旅行などで比較的お金を使うような時は、このキャッシングキャンペーンを利用するとかなり節約できます!

例えば$1=120円の時に$1,000両替したいとなると

    120,000円×18%×30日÷365日=1,772円

の金利がお得になるわけです。
(まぁこれでも普通に両替するよりははるかに安いんですけどね)

この無料になるキャンペーンは最初の一回だけですが、二回目以降の返済でも繰り上げ返済することによって日ごとにかかってくる利息を抑えることができるんです。

これを利用して、例えばキャッシングした4日後に返済したとすれば、

    120,000円×18%×4日÷365日=約237円

このようになり、ぐっとお得になるんですね。

ちなみにこれは、エポスカードのウェブサイトからPay-easy(ペイジー)支払いを選ぶことによって簡単に出来ます。(オンラインバンキングができる銀行が必須です。おすすめは口座開設費&年会費が無料で簡単操作の楽天銀行
)

管理人のひとこと
SAGAT
え、まだ持ってないの?

って言われても仕方ないくらい、海外に行く人にとっては素晴らしいカード。
本当にこれで無料でいいの?っていうくらい特典満載です。

ただし、還元率が低いので普通に使うよりも現金調達用+お守りのようなイメージで持っておくと良いかもしれません。海外に行くときの財布にしっかり持っておきましょう。

この記事を読んだ方にオススメ

SPONSORED

SPONSORED

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011~16年4月まで約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学びました。その後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経験。現在は個人事業主として独立し、日本の田舎で暮らしています。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら

-お金/カード, ニューヨーク旅行の前に
-,

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.