お得情報

ニューヨークの滞在はホテルよりもAirbnbで「暮らすように滞在する」のもありじゃない?

投稿日:2016年4月4日 更新日:

Airbnb

日本でも最近よく聞くようになった「民泊」という言葉。

個人の家やアパートの一室を借りて、ホテルよりも安く、もしくはホテルでは味わえない体験をすることのできる、まさに"新しいカタチの宿泊スタイル"。

そんな「民泊」を世界的に流行させたサービスが、アメリカはサンフランシスコ発のサービス、Airbnb(エアビーエヌビー)。

このAirbnbを利用すれば、ニューヨークの滞在がより安く、お得に、そして独特なものになる可能性があります。

ニューヨークにおけるAirbnbのその魅力について、書いてみました。

Airbnbとはなにか

Airbnb

Airbnbとは一体どういう企業なのか?

まずは本家サイトでの紹介をご覧ください。

Airbnb(「エアビーアンドビー」2008年8月創業、本社・カリフォルニア州サンフランシスコ)は、世界中のユニークな宿泊施設をネットや携帯やタブレットで掲載・発見・予約できる信頼性の高いコミュニティー・マーケットプレイスです。 アパートを1泊でも、お城を1週間でも、ヴィラを1ヶ月でも、Airbnbはあらゆる価格帯で世界190ヶ国34,000以上の都市で人と人とをつなぎ、ユニークな旅行体験を叶えます。
(via:Airbnbについて - Airbnb (エアビーアンドビー))

端的にいえばAirbnbは、個人が所有もしくは賃貸している家やアパートなどの施設を、他者に有料で貸し借りできるサービス。

所有者は余っているスペースを他者に貸すことでお金をもらい、また旅行者は安価に、あるいは普通では泊まれないような場所に宿泊出来るという、まさに両者のニーズを叶える仕組み。

まさにWin-Winの関係を作り出している、非常に優れたサービスです。

参考Airbnbの初回利用が$25オフになるクーポン

暮らすように旅をする

Airbnb  3 of 9

Airbnbが掲げる標語の一つに、「暮らすように旅をしよう」というのがあります。

これはまさにAirbnbというサービスの本質を突く言葉。

民泊によって言わばホテルや旅館ではない普通のアパートの一室に滞在することで、まるでその町に住んでいるかのような疑似体験をすることができるのです。

もちろん、ホテルに泊まって定番の観光地を巡るも良しですが、現地の人たちと同じ目線で、彼らの暮らしの一部を体験する・・・そんな新しいカタチの旅を、Airbnbは提案しています。

Airbnb  6 of 9

旅先で、そこにいる地元の人達と同じように普通のアパートに住み、スーパーへ行き食材を買い、バスに乗って最寄りの駅へ向かう。

そこにいる人々と同じ目線に立つことによって、普通の観光客が出来ないような全く新しい体験をする。

観光地の情報がどこにでも溢れている現代、他の人とは違う体験ができる、そういう旅を求めている人が、増えてきたのでしょう。

ホテルでは得られない、オリジナルな体験を

下の写真は、デンマークに旅した際、宿泊した部屋です。

Airbnb  1 of 9

ファッションデザイナーの女性の部屋でしたが、彼女のセンスと北欧の雰囲気に溢れた、素敵な部屋でした。

ここでの食事は、近くのスーパーで食材を買ってきて作ったパスタと、コーラより安かったデンマークビール。(笑)
窓からの日差しも最高でしたが、そこから見えるのは美しいコペンハーゲンの街並みではなく、向かい側のアパート。見下ろせば犬の散歩をする人や、乳母車を押すお母さんの姿。

たった一日の滞在でしたが、自らがその日常の一部になったかのような、そんな錯覚を覚えるような体験でした。

またこちらは、ドイツのベルリン滞在で利用した部屋。

Airbnb  2 of 9

二人ともホテルマンでゲイ、という非常に個性的なカップルのアパートの一室に泊めてもらったのですが、これがまた素晴らしい家でした。

ホテルマンだけあってそのインテリアのセンスは素晴らしく、しかし決してホテルっぽいわけではなく、むしろアットホームな雰囲気で、まるで「面白い友達の家に泊まりに来た」ような感覚でした。

ここでもキッチンを借りて自炊し、辺りを散歩してカフェに行ったり、地元の人達の休日のような滞在を体験することができました。

参考Airbnbの初回利用が$25オフになるクーポン
 

ニューヨークにおけるAirbnb活用のメリット

Airbnbを使うことで旅がどれだけ個性的になるのかは、すでにお分りいただけたと思いますが、ニューヨークにおけるこのAirbnb活用の最大のメリットはやはり値段でしょう。

ニューヨークのホテルは、恐ろしく高価な上、予約が非常に取りにくいことで知られています。

一泊$150はくだらない一般的なホテル。

それに比べて、Airbnbのコストはかなり良心的です。(クオリティには差がありますが)

以下は、都心部から少し離れたクイーンズ地区にて物件を調べた様子。

Queens Countyで泊まれるバケーションレンタル 貸別荘 レンタルコンドミニアムのベスト20  Airbnb Queens County 2017 02 28 01 04 46

もちろん、ホテルのようなバストイレ付きの個室とはいかないかもしれませんが、この料金は非常に魅力的です。

また、五年住んだ観点から言わせてもらえば、ニューヨークの魅力は数ある観光地よりもむしろ、もっとローカルな部分にあると思っています。

人種の入り混じった多文化性を楽しむなら、Airbnbはまさにうってつけ。

コストを抑えつつ、現地の生活を味わいながら宿泊出来るというAirbnbのスタイルは、まさにニューヨークと相性抜群のサービスです。

宿泊コストを下げたいのなら、ぜひ利用を検討してみてください。

参考Airbnbの初回利用が$25オフになるクーポン

こんな記事もあります

SPONSORED

SPONSORED

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は個人事業主として独立し、日本の地方で「デザイン×発信」を通して地域づくりに携わる。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら
【Facebookページで更新情報を配信しています】

-お得情報
-

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.