おすすめ観光プラン 観光

チェルシーのハイラインからミートパッキングを散策するNY・街歩きプラン。

投稿日:2016年4月4日 更新日:

ニューヨーク観光の醍醐味は、徒歩による街歩きにあると思っています。

というのもニューヨークの街は景観に富んでいるので、少し歩くだけで全然違う景色に出会えるんです。

その中でも、今回はぼくのお気に入りスポットであるハイライン、チェルシー周辺の街歩きルートを紹介します。

ハイライン

今回のメインであるハイラインとは、元々は廃墟だった貨物列車の高架橋を改築して作られた空中庭園のこと。

ニューヨーク市の緑化計画のもと、ずっと改築が続いていましたが、2014年の秋についに完成し、34stから南部のミートパッキングまで続く、巨大空中庭園としてマンハッタンの観光名所になっています。

スタート地点は34st

Chealsea  1 of 109

2015年に完成したばかりの7番線"34st Hudson Yard駅"降りてすぐ。

ちなみにここが入り口。

highline

ハイラインのマップ。

highline

道の線に、鉄道の名残が見えます。

highline

向かって右側には、ハドソン川とその向こうにニュージャージーの景色が広がります。

Highline7

反対側には、ペン・ステーション(ペン駅)に繋がる線路と大量の列車が。

Highline10

何故かぼくはこれを見て新大阪を思い出しました。

そのまま進んでいくと再び柵が開いています。

Highline11

午後7時を過ぎると、ここは封鎖さされ、向こう側(南)からこちら(北)側にこれなくなるようです。

さて、ここからがハイラインの本番です。

空中庭園の風景

Highline12

入ってすぐに、ダンサー達のパフォーマンスの撮影をしていました。
こういうのがNYっぽいですね。

Highline13

これから度々出てくる、ハイラインのベンチ。

Highline15

モダンで温かみのあるデザイン、素敵です。

線路の名残は、公園の素敵な一部になっています。

Highline16

植物に囲まれた道を、どんどん南へ行きます。

Highline17

モダンなエレベーターが、雰囲気にうまい具合にマッチしています。

Highline18

天気に恵まれれば、最高の散歩エリアです。(実際この日の気温はマイナスでしたが笑)

Highline21

Highline24

道のところどころには、こういった休憩スペースのようなものが設置されています。

Highline25

チェルシーの街並みが見下ろせます。

Highline26

アートがあちらこちらにあるのも、ニューヨークならでは。

Highline29

古い街並みもそのまま景色の一部に。

Highline30

この色がなぜか溶け込む。

Highline32

倉庫街の様子。

Highline33

途中で何ポイントか上り下りできる階段があり、チェルシーの街へと繋がっています。

Highline38

チェルシーはアートギャラリーが多いエリアなので、ハイラインをちょこちょこ降りながら、ローカルなギャラリーを巡るのもいいかもしれません。

エンパイアステートビルも望めます。

Highline39

おすすめのピサ屋"Artichoke"

さて、途中の18st地点でで一度ハイラインを降り、ぼくの大好きなピザ屋でお昼にします。

店の名前はArtichoke(アーティチョーク)。

Artichoke1

ここはぼくがニューヨークでもっとも好きなピザ屋さん。

Artichoke6

とりあえず、メインのArtichokeとSicilianというのがオススメですが、この店については語り出すと長くなるので別記事で紹介しています。

ここでお腹を満たしたら、そのまま南に1ブロック降ります。

チェルシーマーケット

Chealseamarket4

向かった先はチェルシーマーケット。

元々、お菓子会社ナビスコのオレオクッキーの工場だった場所を、マーケットに改装した人気スポットです。

フリーマーケットや雑貨屋さんなどがあって、お土産探しなどにも最適。
ここで西から東へとマーケットを抜けます。

ちなみにこの東側の出口がメイン入口だと思うのですが、こちらを抜けた先に目に入るのはGoogleのNYオフィス。

Highline43

外観からは想像できませんが、中がすごく楽しそう。いつか入ってみたい。

来た道を戻るか、チェルシーマーケットの横をぐるっと回って、再びハイラインへと向かいます。

再びハイラインへ

Highline46

チェルシーマーケット周辺にはいくつか登るポイントがあるので、好きなところから。

先ほど降りた場所のすぐ近くには、ハイラインの一番有名なポイントである階段式のベンチがあります。

Highline47

寒かったのでこの時は誰も座ってませんが、暖かい時はここには人が溢れ、のんびりと北へ続く10th aveを眺めて楽しんでいます。

振り返って再び南に歩を進めると、トンネル。

Highline49

暖かいシーズンは、ここでポップアップストアなどが出現します。
あの有名なブルーボトルコーヒーも出店していました。(ちなみにチェルシーマーケットの南側に店舗があります。)

トンネルを抜けると、まるでビーチサイドのようにベンチが配されたエリア。

Highline51

夏にはここで日光浴を楽しむ人たちの姿がみられます。

眺めが最高です。

Highline52

ザ スタンダード ニューヨーク

さらに南へ進むと見えてくるのがこちら。

Highline56

ニューヨークの有名ホテルの一つである’、ザ・スタンダード・ニューヨーク(スタンダードホテル)

たった二本のコンクリートで支えられているこの姿、ちょっと見てて不安になる構造ですが、その建築とインテリアのデザインクオリティから、ニューヨーク屈指の人気ホテルです。

Highline58

ちなみに入口はハイライン上ではなく地上になります。

このホテルの最上階はセレブ達も出入りする高級バーになっており、ちょっとした若者の憧れのスポットになっています。

スタンダードホテルの下を抜けるとハイラインも終点。

Highline59

階段を降りるとミートパッキングエリアへと降り立ちます。

Highline61

ちなみにこの階段の西側には、現在移設工事中のホイットニーミュージアム。

Highline60

2015年春オープン予定です。楽しみ。オープンしました!いかなければ!

チェルシーを散策

降り立った先はチェルシー・ミートパッキングエリア。

Highline62

趣のあるレストランや高級ブティック、モダンなインテリアの店などが立ち並び、歩くだけでも楽しめます。

Highline63

ここから南へ向かってグリニッジビレッジで夜を過ごすも良し、北へ歩きながらチェルシーのギャラリー巡りをするもよし。

Highline65
Highline66

ちなみにぼくのおすすめは、このまま西へ向かってハドソン側沿いを歩き、リチャード・マイヤーのデザインしたコンドミニアムを眺めつつ、東にグリニッジビレッジを目指すルートです。

おまけ

ぼくみたいな素人でも、それなりに絵になる街。それがチェルシー。

Highline68

Highline69

Highline73

アップルストアもあります。

ギークな方たちのために一応。

Highline72

【住所】

Apple Store
401 W 14th St
New York, NY 10014

管理人のひとこと
SAGAT
散歩好きな彼女とデートするには最高ですよ!したことないけど!

北から南まで結構な距離がありますが、飽きないどころか一日中楽しめるポイントがハイライン及びチェルシーにはあります。
ぼくもまだまだ知らないところが多いので、これからもっともっと散策していこうとおもいます。

ニューヨーク観光の際は、ベタな観光地もいいですが、こんな場所をカメラ片手に散歩してみるのもどうでしょうか。

SPONSORED

SPONSORED

関連記事

プロフィール

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は個人事業主として独立し、日本の地方で「デザイン×発信」を通して地域づくりに携わる。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

【Facebookページで更新情報を配信しています】

-おすすめ観光プラン, 観光
-,

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.