Wi-Fi 準備&出発

ニューヨーク観光旅行はフリーWi-Fiのみでいける?レンタルWi-Fiは必要か一ヶ月回線なしで生活したぼくが教えます。

投稿日:2016年3月25日 更新日:

ニューヨークはWi-Fiが充実している。

ネットニュースやIT関連の雑誌にも、ニューヨークという街の公共Wi-Fiに対する取り組みは頻繁にフィーチャーされており、まるで街中でWi-Fiが自由に使えるかのような口ぶりで語られています。

この話を信じて、「レンタルWi-Fiなんていらんのや!」なんて裸一貫で来られる旅行者もいるほどですが、実際のところはどうなのでしょうか?

五年間ニューヨークで暮らした視点から、ニューヨークのWi-Fi事情をお伝えしたいと思います。

ニューヨークのWi-Fi事情

実際、ニューヨークにおけるフリーWi-Fiの普及具合と言えば、東京を始めとする日本各地のそれとは比べものにならないくらい充実しています。

後にリストアップしたスポットを見てもらえれば分かると思いますが、日本では考えられないほどかなり多くの場所でフリーWi-Fiが使えます

ただし、個人的には日本からレンタルWi-Fiを手に入れていくことをおすすめします

問題点

例えWi-Fiスポットが見つかったとしてもその場で確実に繋げられるかは保証できません。

フリーWi-Fiはその名の通り無料なので、同時に多くの人がアクセスしています。

故に回線は混雑し、遅いだけならまだしも、確実に繋がらないことも多くあります。

また、フリーWi-Fiを利用することによるセキュリティ的なリスク。

フリーWi-Fiは誰でも接続できる分、セキュリティも甘々なので、基本的に自己責任での利用が求められます。

フリーWi-Fiを使用してパスワードやクレジットカードを盗まれた、なんて話もあるほどなので、利用には注意を払う必要があります。

これらへの対策としては、

  • パスワード、ログインが必要なサイトを利用しない
  • クレジットカード情報の入力などが必要なサイトを使わない
  • メールなど個人情報がわかるサイト、アプリを使わない

などがありますが、正直これらを制限してしまったらインターネットで出来ることが非常に限られてしまいますよね。

一ヶ月回線なしで過ごした感想

機種変更の過程で、一ヶ月、家と学校以外ではフリーWi-Fiのみで生活したことがありました。

この時のぼくの生活は基本的に家と学校の往復で、家でも学校でも、なんなら地下鉄でもフリーWi-Fiがあるし、いざとなれば下記のお店などに立ち寄ればいい、とタカをくくっていました。

ところが、いざフリーWi-Fiのみで運用しはじめたらこれが大変。

調べたいときにすぐ調べられないストレスは想像以上で、街にいるときはWi-Fiスポットを探さなければいけないし、場所によっては回線繋がりにくいし、やっと見つかったと思ってもつながるまでにやたらと時間がかかることも。

カフェで作業しようと思ってコーヒーやらサンドイッチを買って、いい席を取って、さあやろう!と思ったらネットにつながらず、結局お昼ご飯を食べただけだった・・・なんてこともありました。

家と学校で一日の多くの時間を過ごすので、外では別にネット不要かとも思っていたのですが、時期的にも移動が多い時で、街中でふと調べ物をしたい時にいちいちWi-Fiを使えるお店を探してそこでネットが繋がるのを待って・・・と、一体どれだけの時間を無駄にしたことか。

無事にいつでもネットに繋がるスマホを手に入れたときは、まるで監獄から出て自由を手に入れたかのような喜びがありました。

...と、こんなぼくの過去の経験から、短期だとタカを括らず、レンタルWi-Fiを借りていくことを強くおすすめします。

ニューヨークで使えるレンタルWi-Fi

日本国内で申し込みおよび受け取りができる、ニューヨークで使えるレンタルWi-Fiは以下の三つ。

いずれもリンクからWebでの申し込みが可能です。

ニューヨークで使えるレンタルWi-Fiサービス

レンタルWi-Fiを借りる時の注意点

レンタルWi-Fiを借りる際に注意すべきことが一つ。

それが通信規格についてです。

日本の携帯電話で3G/4G回線というのを聞いたことがあると思いますが、レンタルWi-Fiを借りる際は、3G回線のみのものと4G回線対応のものがあるのでご注意ください。

これはいわば通信速度の違いで、当然4G回線の方が通信スピードは早い分、やや割高になります。

簡単なテキストメッセージやLINEのやりとりくらいであれば3G回線でも問題ありませんが、ウェブサイトを表示する、お店の情報を調べる、などとなった場合は、やはり4G回線が欲しいところ。

実際、現代のネット環境は4Gが主流なので、いきなり慣れない海外で3Gに制限されて面倒になるより、おとなしく4G対応をレンタルしておくべきかと思います。

各サービスの比較

上で紹介した3サービスを、ニューヨークで使った場合の料金などを比較したものをまとめました。

3つとも共通して、データ制限が1日500MBまでとなっています。
(500MB=スマホで動画役250分,GoogleMapで現在地表示700回,Webサイトアクセス約2000ページ)

サービス名 4G対応/日 3Gのみ/日 受渡手数料 補償/日
海外専用グローバルWiFi
1,170円(250MB)/
1,470 円(500MB)/
1,670円(1GB)
なし 500円(空港受渡/宅配) 200円(ミニ)/
500円(フル)/
700円(MAX)
イモトのWiFi(GLOBALDATA
)
1,580円 780円(USB)/
980円(WiFi)
500円 500円
U.S. データ
780円/980円 なし なし 200円

料金やサービス的に似たり寄ったりなところがあり、いまいち違いがわかりにくいかもしれませんが、どのようなサービスを求めるかによって選ぶサービスが変わってきます。

それぞれのサービスの特徴を見ていきましょう。

通信量&サポートを重視するならグローバルWi-Fi

個人的にはこのグローバルWi-Fiを一番おすすめしているのですが、その理由を以下にまとめました。

グローバルWi-Fiのおすすめポイント

  1. 自分の使いたいデータ量でプランを選べる
  2. ウェブ申し込みにより利用料/補償が5%割引利用料/補償が5%割引
  3. ウェブ申し込みにより受け渡し手数料が無料
  4. 他にも頻繁に割引キャンペーンを実施
  5. 一ヶ月以上先の渡航者に最安値級の特典メール
  6. カスタマーサポートが海外からの電話&LINEに対応

まず、グローバルWi-Fi最大の特徴は、1日の使いたいデータ量によってプランが選べること。

お申し込み お見積もり|海外WiFiレンタル 2017 02 23 16 05 08

※上の表には3Gプランの記載がありますが、アメリカは3Gプランは対応していません。

データプランを4GLTE(250MB)4GLTE大容量(500MB)4GLTE超大容量(1GB)の三つから選ぶことができます。

また補償についても、80%補償(ミニ)100%補償(フル)100%+自分の携行品を補償(MAX)と、好みによって選べます。

お申し込み お見積もり|海外WiFiレンタル 2017 02 23 16 32 50

以下のリンクから申し込むことにより、利用料/補償の料金が5%になり、さらに受け渡し手数料が無料になります。

見積もり&申込海外専用グローバルWiFi

また、海外旅行・出張応援キャンペーンなど時期に合わせて様々な割引キャンペーンを実施していたり、メールアドレスを登録しておくことで、お得なキャンペーンメールが届いたりと、至れり尽せり。

ただ、最も特筆すべきやはりカスタマーサポートがLINEに対応していること、ではないでしょうか?

LINEからのお問い合わせ | 海外WiFiならグローバルWiFi 2017 02 23 18 10 27

何かトラブルがあった時にカスタマーサポートに連絡するのは当たり前ですが、海外にいる場合は国際電話が普通。

しかしLINEで問い合わせができれば、国際電話の料金なども気にすることなく、また繋がるかどうかを待たされる心配もなく、スムーズに対応してもらうことができます。

データ容量を選べたり、サポートに力を入れている点など、ユーザーに寄り添ったサービスを展開しているなぁ、と強く感じるので、個人的にはグローバルWi-Fiを一番おすすめしています。

見積もり&申込海外専用グローバルWiFi

オプション重視派はイモトのWi-Fi

レンタルWi-Fiの業界で今一番知名度が高いであろうイモトのWi-Fi。

こちらはデータ通信量は500MB/日で固定なのですが、アメリカでも利用可能な3Gプランを用意しているのが他と違うところ。

料金プラン総合案内|海外WiFiレンタルなら イモトのWiFi 2017 02 23 13 33 14

と言っても正直、3G回線はこのご時世少し遅すぎて、LINEやメールなど簡単なやりとりならともかく、ウェブサイトを見たり動画を視聴するにはほぼ役立ちません。

ただ4G/LTE利用だと価格的には他に見劣りしてしまいます。

そんなイモトのWi-Fiならではの大きな特徴が、豊富なレンタルオプション。

18秒かんたん料金シミュレーション 2017 02 23 19 17 06

Wi-Fiやスマホ、その他機器などを使う際に必要になってくるであろう様々なアイテムを合わせてレンタルすることができます。

とくに、電源タップやエネループなど、普段はあんまり使わない、旅行時のみのアイテムなどがレンタルできるのは、人によってはとてもありがたいかもしれませんね。

見積もり/申し込みイモトのWiFi(GLOBALDATA
)

とにかく安く済ませたい人にはU.S.データ

基本的なサービスは他二つとかわりませんが、とにかく安く済ませたいという方にとってはU.S.データが最適。

アメリカで使えるポケットWi FiルーターならU S データ 2017 02 23 12 21 29

一番人気であるU.S.データbasicを基準に、いまいち存在意義のわからないBIG、本体電池容量が倍になるスーパーの二つのプランが用意されています。

正直どちらもピンとこないので大半の人がbasicを利用すると思うのですが、その料金は他と大きな差がつきます。

ためしに、7泊8日の旅行を三つのサービスを同条件で比較してみました。

条件は全て、500MB利用制限補償なしで、受け取りは自宅へ郵送と設定して見積もりをしています。

まずはグローバルWi-Fi。

お申し込み お見積もり|海外WiFiレンタル 2017 02 23 18 23 08

様々なキャンペーンで割り引かれて、約1,200円/日となっています。

続いてイモトのWi-Fi。

イモトのWiFiレンタル申込フォーム 2017 02 23 18 26 30

こちらは約1,650円/日で、グローバルWi-Fiよりかなり割高です。

そして最後はU.S.データ。

アメリカで使えるポケットWi FiルーターならU S データ 2017 02 23 18 29 59

合計額7,840円で、1日あたり980円と、圧倒的な安さです。

その分、サポートだったりオプションは他の二つに見劣りしてしまいますが、とにかく安く抑えたい!という方にとってはU.S.データは魅力的ですね。

見積もり&申込U.S. データ

ただやはり個人的には、価格面でもサポート面でも最もバランスが取れ、安心して使えるグローバルWi-Fiを一番おすすめします。

見積もり&申込海外専用グローバルWiFi

ニューヨークでフリーWi-Fiが使えるところ

と、これまではニューヨークにおけるフリーWi-Fiの必要性について力説してきましたが、「意地でもフリーWi-Fiを使いたい!」という方のために、ニューヨークの主なフリーWi-Fiスポットをご紹介します。

空港

街の窓口である空港。

JFKを始めとする空港にはBoingo HotspotというサービスによりWi-Fiが提供されていて、30分間のみ無料です。

日本の家族に連絡したり、現地の人やUberなど呼んだりするために使うのはありかもしれません。

ただし、入国審査を抜けて荷物を受け取ってから利用するのをお勧めします。
(入国審査と荷物受け取りで30分以上かかってしまう可能性が大いにあるので)

Link NYC

2015年、マンハッタン内でLinkNYCというプロジェクトが開始されました。

これは、Linkと呼ばれるWi-Fi用のキオスク(ステーション)がマンハッタン内に設置され、ここからフリーWi-Fiが利用できるという仕組みです。

LinkNYC 2017 02 16 15 55 22

このキオスクにはUSBポートがあり、各デバイスの充電も可能。

使うのに必要なのはEmailアドレスのみ。

【使い方】

  1. wifi設定画面でLinkNYC Free Wi-Fiをタップ。
  2. 接続画面にEメールアドレスを入力しConnect

参考動画

ちなみに現状(2016年11月)のキオスク設置状況はこんな感じです。

linknyc-2016-11-06-17-35-48

青くなっているのが既に使えるキオスクで、グレーなのは現在設置中。

今はまだ少ないですが、今後12年間で7,500台の設置を目指しているそうです。

各キオスクからのシグナル範囲は最大150フィート(約45m)なので、これがニューヨーク中に設置されたらまさにWi-Fi天国になりそうですが、それはまだまだ先のお話ですね。

現時点(2016年11月)では残念ながらLinkNYCで心配なし!という状態ではありません。

Wi-Fiが使えるお店

LinkNYCが無事普及すればニューヨークではWi-Fi探しに苦労することもなくなるでしょうが、それはまだ先の話。

しかしそれ以外にも登録不要の無料Wi-Fiが使えるお店が揃っているのでご紹介します。

スターバックス

定番はやはり、スターバックス。

日本では、要事前登録で非常に面倒なのですが、アメリカのスターバックスはその必要はなく登録不要で使えます。

Googleから提供されている、Google Starbucks Wi-Fiとスターバックスが独自で提供しているStarbucks Wi-Fiがありますが、どちらでも同じように設定>Wi-Fi>接続後出てくる画面でAccept & Connectで問題なく利用できます。

マクドナルド

IMG 2897

同じく定番なのがマクドナルド。

こちらも同じ要領で簡単に無料Wi-FiであるMcDonalds Free WiFiに接続することができます。

ダンキンドーナツ

ニューヨーク内でコンビニばりに店舗数が多いダンキンドーナツもおすすめWi-Fiスポット。

少し前までは使えなかったと思っていたのですが、最近設置されたようです。

ちなみにクイーンズの一部店舗では設置されていないところもあるようなので、訪ねた店舗で確実に使えるかは保証できません。

Panera Bread

ぼくがオススメするのはこのPanera Bread(パネラブレッド)。
店舗数も多く、コーヒーも安価で、コンセントもあったりと作業しやすい環境が整っているので愛用しています。

ただし混雑時は30分の制限時間が設けられるので、人の少ない午前中や夕方を選んだ方がいいでしょう。

ローカルなカフェ

IMG 4311

また、チェーンではない個人や小規模な経営を行うローカルなカフェはどこもフリーWi-Fiを提供しています。

ただし、こういうところはオープンの場合とパスワードを設定している場合があり、パスワードを設定している店舗の場合はカウンターで聞かなければいけないこともしばしば。

参考ニューヨークのおすすめカフェ記事の一覧

図書館

IMG 3822
ニューヨーク内の公立図書館は基本どこでもフリーWi-Fiが提供されています。

観光スポットとして定番のニューヨーク市立図書館はもちろん、街の至る所にある図書館でWi-Fiが利用できます。

マンハッタン内の図書館は入場に荷物チェックなどをされますが、会員証などを持たなくても誰でも入れるので、お気軽に。

地下鉄のホーム

Subway  1 of 1

ここ数年で一気に整備された地下鉄ホームのWi-Fi。

設置当初は繋がりにくいこともありましたが、最近は非常にスムーズで使いやすくなってます。

Wi-Fiスポット探しに便利なツール

ニューヨーク市内でフリーWi-Fiスポットを探すのには、以下のアプリが便利。

NYC Wi-Fi

NYC Wi-Fi
開発元:Kevin Wolkober
無料
posted with アプリーチ

以下の記事では、他にもニューヨーク観光に役立つアプリを紹介していますので是非チェックしてみてください。

ニューヨークはフリーWi-Fiが充実している。けど・・・

たしかにWi-Fiスポットはたくさんあります。

けど、いつもすぐ近くにある、とは限りませんあったとしてもすぐに使えるかもわかりません

最初にもお伝えしましたが、たとえフリーWi-Fiがあったとして接続がうまくいかなかったり、セキュリティ的な心配を拭えないのは事実です。

クレジットカード情報やメールのパスワードなどを抜かれる可能性がないとは言えませんし、むしろそういうのを狙っている輩も多くいるでしょう。

そんなことならいっインターネットを諦めてしまうというのも手かもしれません。

もちろん、インターネットなしでもニューヨークの旅は全然楽しめるだろうし、ちょっと昔まではないのが当たり前でした。

ただ個人的には、ニューヨークという街は最先端のテクノロジーとともに成長している街で、ネットやアプリと街の仕組みの親和性が非常に高いと感じています。

実際、スマホ先進国であるアメリカ、ニューヨーク旅行に関してはネットやアプリの利用を前提としたサービスなども多くあり、ネットがあることでより快適かつお得に旅行できたりもします。

ネットやアプリを使うことで知らない場所への情報が手に入ったり、もしくはお得なクーポンを得ることができたりと、あるものを使うことによって、よりその瞬間を楽しめるのであれば、是非とも活用すべきではないでしょうか。

ニューヨークのWi-Fi事情まとめ

今回の記事ではニューヨークのWi-Fi事情をご紹介しました。

最後に改めて今回の内容をまとめておきましょう。

ニューヨークのWi-Fi事情

  • フリーWi-Fiが使える場所は実際に多い
  • ただし接続できるかは確実でなく、また安全も保証されない
  • ニューヨークはネットやアプリを活用することでより楽しめる街
  • レンタルWi-Fiは間違いなくあった方がいい

繰り返しになりますが、やはりぼくはレンタルWi-Fiを借りてくることを全力でおすすめします。

フリーWi-Fiだけで乗り切れるほどニューヨークという街は小さく、簡単ではありませんし、かと言ってネットがないといざという時に困ります。

ニューヨーク旅行に来られる方は、ぜひレンタルWi-Fiのご利用をご検討ください!

株式会社ビジョンが提供しているグローバルWi-Fiを以下のリンクからお申し込みいただくと、

  • 通常料金よりお得な価格
  • 受渡手数料無料
  • さらに総額から5%OFF

という特典が付いてきます。

見積もり&申込海外専用グローバルWiFi

ニューヨークで使えるおすすめのレンタルWi-Fiに関しては以下の記事でも紹介していますので、是非参考にしてください。

SPONSORED

SPONSORED

ABOUT

《期間限定!!》この夏、NYでアートを学びませんか?→【アート短期留学キャンプ in New York】

関連記事

プロフィール

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は個人事業主として独立し、日本の地方で「デザイン×発信」を通して地域づくりに携わる。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

【Facebookページで更新情報を配信しています】

-Wi-Fi, 準備&出発
-

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.