この夏、NYで下見留学。8月11日まで

Wi-Fi 暮らし 留学 豆知識

日本のスマホが使えない?アメリカの携帯電話事情と滞在期間別おすすめ方法

更新日:

留学希望のBさん
日本で使っていたスマホ、アメリカでも使えますか...?

こんな質問を、よくされます。

アメリカに行っても、やはり使い慣れたスマホで生活したいですよね。わかります。

というわけで今回は、「日本から持って行ったスマホがアメリカで使えるのか」を中心に、アメリカの携帯電話事情についてご紹介します。

アメリカで使えるスマホは、SIMフリーかどうかが鍵!

そもそも、今自分が使っているスマホを海外で使いたければ、以下の2つのどちらかに当てはまらなければいけません。

  • SIMフリー(SIMロック解除されている)のスマホである
  • 海外利用プランに加入している
SIMフリーとは?
SIMロック(=携帯会社が自社の端末を他社の回線で使えないようにする仕掛け)がかかっていない端末のこと。
意図的にSIMフリーの端末を購入している場合を除き、携帯会社から販売されているほとんどの端末がSIMロックがかかっています。

SIMフリー端末でない場合は日本で使っていたように、いつでもどこでもデータ通信/通話無制限なんてのは出来ません。

じゃあ自分が使っているスマホはダメだ...とすぐに諦めないで下さい。

まずは、自分の契約している先が大手キャリアの場合は、所有する機種がSIMロック解除可能な機種かもしれません!

あなたのスマホSIMロックの解除が出来るか?

SIMロックが解除可能な機種かどうかは、自分のスマホが下記リンクに該当するかを確かめてみましょう。

自分の持っているスマホの機種が該当する場合は、SIMロックが解除出来る=アメリカでも使える可能性があります。

あくまで可能性があるというだけなので絶対ではありませんが...(理由は後述)

該当機種でない場合は、場合にもよりますが恐らく日本と同じように使うのは無理と思ってください...残念!

【自力で解除出来るという話】

良く「iPhoneのSIMロックを自分で解除出来るらしいんだけど」と曖昧な情報を持って来られる方がいます。

一昔前まではamazonなどで解除用ツールが販売されていたり、チャイナタウンの業者に持っていけば解除してくれるらしいなんて情報も流れていましたが、これらにはなんの保証もありませんし、少なくともiPhone5になって以降、身近でiPhoneのSIMロック解除を個人で行った/成功した話は聞いたことがありません。

また、ファクトリーアンロックと言って業者にiPhoneを送って解除してもらう方法もありますが、第三者に携帯を渡す以上、全て自己責任で行いましょう。

そもそも、そこまでして解除したいのであれば始めからSIMフリーの端末を購入されることをオススメします。

SIMフリー端末を販売しているEXPANSYS(エクスパンシス)なら、iPhoneやXperiaなど、最新のスマホのSIMフリー版がお手頃価格で手に入ります。

もし自分の持っているスマホがSIMフリーではない場合は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

エクスパンシスはこちら▼
iconエクスパンシス

SIMフリー端末ならSIMカードを挿して運用可能

SIMロックかかかっていないor解除された端末であれば、現地でSIMカード購入して通信/通話ができる可能性があります。

このSIMカードというものが携帯電話と会社の通信を結ぶもので、SIMカードがなければスマホは通信が出来ません。

ただし、SIMフリーであればどんなSIMカードでも挿せるのかと言われればそうではなく、スマホの規格によってはLTE/4G通信回線が使えなかったり、通信そのものが出来なかったりということもあるようです。

そのあたりは事前にしっかりと確認しておきましょう。

SIMフリーにおすすめサービスその1:ハナセル

もしSIMフリースマホを持っている、もしくはSIMロック解除ができた方におすすめしたいサービスが「アメリカ携帯・アメリカSIMのHanaCell(ハナセル)」。

ハナセルは、日本にいながらアメリカで使えるSIMカードを購入することができるサービス。

しかも、月々$9.99(!)から利用することができます。(アメリカの通信会社でも最安値)

もちろんいつでも無料で解約することが可能なので、短期で旅行される方でも安心して使うことができます。

こういう日本のサービスって、日本語が使える分、現地のより高かったりサービス微妙だったりするんじゃないの?
ぼくもそう思ってたんですけど、そんなことなかったんです・・・!

この手の日本のサービスって、海外の情報が中々手に入りにくいということもあって、足元を見て料金が高めに設定されている場合がよくあるんですが、ハナセルは違います。

現地でSIMカードを購入するなら最安であろうT-Mobileのプランで比較してみたところ...

確かに$7高くなりました。

しかし、考えてみて下さい。

アメリカで現地で購入&アクティベートしなくてはならないT-Mobileと、出発前から日本で手続きができるハナセル。

しかも到着後すぐに使えるから、空港からUberを使うこともできます。

関連JFK(ジョン・F・ケネディ)空港から市内へのアクセス方法まとめ。最も安全でお得な移動手段は?

その利便性を考えた場合、$7(約700〜800円)ってむしろ安い。

意地でも700円くらい節約したいという人以外には、全力でおすすめです、ハナセル。

参考アメリカ携帯・アメリカSIMのHanaCell(ハナセル)

ちなみに、SIMロック解除したorSIMフリーのiPhoneでも問題なく利用できるので、iPhoneユーザーも安心です。

SIMフリーiPhoneユーザーのぼく歓喜!!

SIMフリーにおすすめサービスその2:ソフトバンクのアメリカ放題

Ryugaku cellphone america houdai

2014年ごろから始まった、ソフトバンクの始めた「アメリカ放題」。

期間限定での無料サービスとのことでしたが、2018年現在も未だに無料で利用可能です。

こちらはもちろんソフトバンクユーザーのみの特典なので、他社のサービスを使っている方は残念ながら利用できません。(涙)

詳しい利用方法・料金などは以下をご参照ください。

参考アメリカ放題 | 国際サービス | サービス | モバイル | ソフトバンク

日本の携帯をアメリカで使う時の注意点!

ソフトバンクなどの日本の会社の携帯をそのままアメリカで使う場合には、注意しておきたいことがあります。

解約していないなら、国際ローミングには要注意!

旅行や短期滞在のため、日本の携帯を解約していない状態なのであれば、国際ローミングの恐れがあるので要注意です。

【国際ローミングとは】

日本のスマホを海外で使った時、日本の契約会社が提携しているアメリカの会社に通信回線が切り替わる仕組み。

海外でも日本と同じような快適さで使えるものの、非常に高額な通信費がかかってしまう。

国際ローミングを使うと、日本のスマホがアメリカでも普通に使えてしまうので非常に便利なのですが、これを利用した場合、後々の請求額がとんでもない額になります。

最近は1日の上限が2,000円ほどに設定されていたりもするそうですが(それでも十分高い)、一昔前だとウン十万請求されたなんて話もありました。

これを防ぐにはスマホの設定でモバイルデータ通信をオフもしくは機内モードをオンにしておくこと。

あるいはSIMカードを抜いておくことによって、データローミングを完全に防ぐことができます。(紛失に注意!)

この状態であれば勝手に通信会社に繋がることはありませんが、Wi-FiをオンにすればWi-Fi通信のみ利用することが出来ます。

SIMロックされた端末を解約した場合はWiFiのみ

機内モードモバイルデータ通信をオフの状態でもWi-Fiが使えるのは先述の通りですが、解約後の携帯でもWi-Fiは可能です。

長期で留学に来たばかりの多くの人が、このように日本でスマホを解約し、現地でスマホを契約するまでフリーWi-Fiのみで過ごしているのを多く見かけました。

実際ぼくも、しばらくフリーWi-Fiのみの一ヶ月を過ごしたことがありましたが、これは中々大変でした。

関連ニューヨーク観光旅行はフリーWi-Fiのみでいける?一ヶ月回線なしで生活したぼくが教えます。

ただし、Wi-Fi利用の場合注意したいのがSMS

電話番号に連動して動くSMSは、Wi-Fi利用のみの場合は利用できませんのでご注意下さい。

短期ならレンタルWi-Fiという選択肢もアリかも

長期利用となればあまりおすすめは出来ませんが、一ヶ月以内の滞在であればレンタルWi-Fiを使うのもひとつ。

携帯だけでなくノートPCでも合わせて通信環境を整えられることを考えれば、最適な選択だと思います。

関連ニューヨークにレンタルWi-Fiを持っていくべき三つの理由と超絶簡単な申し込み&受け取り方

参考海外でインターネット!グローバルWiFi

まとめ:滞在期間別のおすすめ方法

というわけで日本のスマホがそのまま使えない、アメリカにおける携帯電話事情とその対策法について紹介しました。

最後に、これまで紹介した内容から、期間ごとのおすすめの方法を整理しておきます。

SIMロックのスマホで、短期の旅行〜一ヶ月以内の滞在

SIMロックがかかったままのスマホを持って、数日から1~3週間程度の旅行であれば、おすすめはレンタルWi-Fiの利用。

スマホだけでなく、PCやタブレットなども利用できます。

参考海外専用グローバルWiFi

関連ニューヨークにレンタルWi-Fiを持っていくべき三つの理由と超絶簡単な申し込み&受け取り方

SIMフリーのスマホで、短期の旅行〜半年程度の留学・滞在

SIMフリーのスマホを持っているのであれば、イチオシはやはりハナセル。

現地で同クラスのサービスを受けられるSIMカードの購入するより初期費用分だけ少し(700円程度)高くなりますが、その分、日本で購入及び準備していけるし、いざという時に日本語のサポートが受けられるという点が優れています。

参考アメリカ携帯・アメリカSIMのHanaCell(ハナセル)

SIMロックのスマホで、1ヶ月以上の長期の留学・滞在

SIMロックがかかっているスマホを持った状態で、現地で一ヶ月以上過ごすのはやはり厳しいところです。

長く滞在することを考えれば、やはり日本でしか使えない(通常のデータ通信や通話が出来ない)端末に頼るよりは、アメリカで使えるSIMフリースマホを手に入れておくことをおすすめします。

参考最新のスマホのSIMフリー版が手に入るEXPANSYS(エクスパンシス)

手に入れたSIMフリースマホと、上で紹介したハナセル、もしくは現地でSIMカードを購入して使うのが、コスト面でも安定面でも一番良い選択肢でしょう。

SIMフリーのスマホで、長期の留学・滞在

すでにSIMフリー端末を持っていて、なおかつ一ヶ月以上の長期滞在をされるなら迷わずハナセルor現地でSIMカード取得をおすすめします。

英語でのSIMカード契約に不安のある方ハナセル

英語でのSIMカード契約が問題ない方T-Mobileのプリペイドプラン

やはり長く現地にいるのであれば、その国のSIMカードを購入して使うのが一番安定もしているし、料金的にも安心感があります。

ただし、こちらでのSIMカード購入には、英語だけではないハードルが存在します。(トラブルが起きた時の英語でのやり取りとか)

そういう意味では、限りなく現地SIMと同じように使えるハナセルの存在はとてもありがたいですね。

ちなみに、留学生向けの携帯電話事情については以下の記事で紹介していますので、合わせてどうぞ。

関連契約?プリペイド?アメリカ留学生の携帯・おすすめの会社&プラン教えます

さいごに

五年間、アメリカで暮らしている間、Wi-FiのみレンタルWi-FiT-mobileプリペイドなど色々試してみましたが、長期で使う場合はやはりSIMフリー携帯を買って現地SIMカードを挿して使うのが一番安定していて料金も安かったです。

最初の頃は、SIMフリーを買う初期費用が気になって微妙だったんですが、トータルでかかる費用を考えれば、(機種にもよりますが)結果的にコストは低くなります。

帰国してからSIMフリーの携帯は、格安SIMなどを使うこともできますしね。

皆さんもぜひ自分のスマホのSIMの状態と滞在期間を照らし合わせて、最適な方法で渡米してください。

iconエクスパンシス


この夏、NYで下見留学。8月11日まで

  • このサイトの管理人

SAGAT(さがっと)

2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は独立して、関西を中心に地域づくりに携わっています。詳しいプロフィールはこちら

関連記事

関連記事とスポンサーリンク

SNSボックス

更新情報をSNSでお見逃しなく。

-Wi-Fi, 暮らし, 留学, 豆知識

Copyright© BASIK NEW YORK , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.