マネー 留学 買い物

手数料の安い海外送金ならTransferwiseを!メリット・使い方を解説。

更新日:

Transferwise ec

留学や海外生活を送る人にとって、「海外送金」と、それにかかる「手数料」は大きな悩みの種ですよね。

この記事では、海外送金に超おすすめのサービス「TransferWise」のメリットと、その使い方について詳しく紹介しています。

あわせて読みたい

ドルと円の両替はどこでするのが一番おすすめ?手数料の一番安い方法調べてみました。

この記事では、円とドルの両替が一番お得にできる方法を知りたい方のために、その検証結果を紹介しています。 海外送金についてはこちら この記事で紹介する両替方法の手数料&実質料金比較 両替と一口にいっても ...

続きを見る

海外旅行におすすめのクレジットカードまとめ。10カ国以上旅する元アメリカ在住者が厳選!

アメリカへと海外旅行に行く際、多くの人がクレジットカードを持っていくと思いますが、皆さんはちゃんと海外旅行向きのクレジットカードを選んでいますか? クレジットカードには様々な種類がありますが、その中に ...

続きを見る

TransferWiseとは?

TransferWiseは、ネットバンクを介した海外送金サービスです。

実店舗はなく、シンプルなWeb上の手続きのみで世界各国へと海外送金を行うことができます。

アメリカを中心にサービスを展開しており、「低価格」「透明性」をその経営コンセプトに掲げ、近年は海外送金サービスの定番として人気を博しています。

TransferWiseが海外送金におすすめの理由

TransferWiseの魅力は以下の三つ。

  • 安価な手数料
  • 簡単な手続き
  • 高い利便性

まるで、早くて安くて旨いという某牛丼屋のような充実したサービスですが、実際にこんなに都合の良い話がなぜ起こるのでしょうか?

その理由は、既存の海外送金サービスとTransferWiseの仕組みが、根本的に違うからです。

既存の海外送金サービスとTransferWiseの違い

まず、既存の海外送金サービスの仕組みを見てみましょう。

そもそも、海外送金はどういう仕組みで行われているかご存知でしょうか?

一般的には、「国内の銀行に海外送金を依頼→両替して海外の銀行に送金」というシンプルなイメージを持っている人が多いようです。

Transferwise 001

しかし、その手数料は馬鹿にならず、有名銀行の海外送金手数料はどこも高価です。

各銀行の手数料比較

アメリカ留学のために知っておきたい海外送金の知識と手数料まとめ

留学する人にとって、日本から現地にお金を送る「海外送金」は避けて通れません。 しかし海外送金の仕組みは少し複雑なで、多くの人が海外送金についての正しい知識を知らないために、余計な手数料と時間を損してい ...

続きを見る

これほど手数料がかかってしまう理由は、実際には見えない手数料が多くかかっているから。

Transferwise 002

図を見てもらうとわかるように、一般的な海外送金には為替手数料中継銀行(関係銀行手数料)手数料受取手数料といった複数の手数料がかかっているのです。

これに対し、TransferWiseにかかる手数料はサービス利用手数料《両替額の0.55%+100円》のみ。

なぜこのようなことができるのか?

それは「TranferWiseが実際に送金を行っていない」から。

これはどういうことかと言いますと、TranferWiseは世界中に専用の銀行口座を持っているので、実際にお金を動かす必要がないのです。

Transferwise 001

例えば日本で送金依頼があった場合、現地の支社へと即座に連絡が行き、現地口座から自分の入金した額分だけをおろすことができるのです。

Transferwise 003

実際に送金を行っていないので、両替にかかる為替手数料も、中継銀行を使うための手数料も、受取にかかる手数料も必要がなく、実際にかかるのはサービス利用手数料のみ、というのがTrasferWiseの手数料がお得な理由です。

TransferWiseは実際にどれほどお得なのか?

実際にTransferWiseがどれほどお得なのかを検証してみましょう。

日本最大級のメガバンク、三井住友銀行を例にあげてみます。

三井住友銀行では、以下三つの手数料がかかります。

  • 海外送金手数料:4,000円
  • 関係銀行手数料 2,500円
  • 為替取扱手数料: 送金金額の0.05%(最低2,500円)

この時点ですでに為替に関係なく9,000円の手数料が確実にかかることが分かります。

これに対してTransferWiseの手数料は

  • 利用手数料: 送金金額の0.55%+100円

のみ。

実際に海外送金を行うとどれほど 差が出るのかを計算してみましょう。

2018年5月11日のリアルタイム為替レートで100万円を海外送金する場合の、三井住友銀行とTransferWiseの手数料を比較してみました。

《三井住友の場合》
公表レート:110.06円/ドル
為替手数料:100万×0.05%=500(円)<2500円*1
手数料合計額:9,000円*2
実質両替額:1,000,000(円)-9,000(円)=991,000(円)
実質着金額:$9004.17

*1.為替手数料は最低金額の2500円
*2.海外送金手数料と関係銀行手数料を含む

《TransferWiseの場合》
公表レート:109.56円/ドル(0.00913ドル/円)
手数料:1,000,000×0.55%=5,500円+100円
手数料合計額:5,600円
実質両替額:1,000,000(円)-5,600(円)=994,400(円)
実質送金額=$9076.30*
実質送金額

*実際は0.55%よりさらに細かい数字らしく、最終的な値段が少しズレています。

このように見てみると、最終的な着金額には約$70(当日レートで約7700円)もの差が出ており、TransferWiseの利用がどれほどお得かは一目瞭然ですね。

TransferWiseの使い方

TransferWiseを初めて利用する場合は、まず会員登録(口座開設)が必要です。

口座開設に1~3営業日、送金完了までにさらに1~3営業日かかるので、1週間ほど余裕を持って手続きを行うようにしましょう。

前提として、以下の二つの書類を事前に準備しておく必要があります。

  • マイナンバーがわかる書類
  • 写真付きの身分証明書

また、送金手続きと登録を同時に行うので、送金先の口座情報も忘れずに用意しておくようにしてください。

準備ができたらまず、トップページにアクセスして口座を開設しましょう。

Transferwise top

トップページの右上から、「口座を開設する」をクリック。

次の画面で必要な情報を入力します。

Transferwise login

個人にチェックし、今後のログインに利用したいメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

「口座を開設する」をクリックすると、即座に送金画面になるので、「え、もう終わり?」と思ってしまいますが、まだ登録は終わっていません!

上のページの下には、以下のような注意書きがあります。

新規口座開設時には全てのお客様に本人確認書類とマイナンバー関連書類のご提出をいただきます。10万円以上、または2回目からの送金には併せて簡易書留郵便(転送不要)の郵送による住所の確認が必要になります。

先述の通り、2つの書類の提出を後で求められるので、準備を忘れずに。

送金したい額と実際の送金額を確認できたら、「次へ」をクリック。

この画面では送金者の情報を入力します。

※基本的には登録者本人からの送金しかできませんので、親御さんから子供さんへの送金などの場合は、親御さんの会員登録が必要になります。

Transferwise 個人口座

日本円→ドル円の場合は、個人口座のみの取扱なので、個人口座を選択。

次のお客様ページで、自分の細かい情報を入力します。

Transferwise 登録

パスポートなどに記載されている情報を正確に入力するようにしましょう。

入力したら、送金相手を選択。

Transferwise 送金先

自分宛てなら自分自身でもいいですが、他の誰か(お子様や友人など)に送る場合はその他を選択してください。

ここで送金先の情報(銀行のルーティングナンバーや口座番号など)を入力が必要になります。

無事に出来たら、いよいよ個人情報の認証。

Transferwise 認証

マイナンバー関連の書類は

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーが記載された住民票(発行から6ヶ月以内のもの)

のいずれか一点が必要です。

記載されている内容がしっかりと確認できるのであれば、スマホで撮影したもので問題ありません。

アップロード後、審査が行われますが、手続きはこのまますすめることができます。

※数日後に住所確認のための簡易書留郵便が届きます。

Transferwise 住所確認

なお本人確認書類に不備がある場合は、メールにて連絡が来るので、対応してください。

送金の目的を選択した後、入力した内容をすべて確認し、問題がなければ入金を行います。

Transferwise 振込確認

振込の際は、表示されている「Pから始まる会員番号」を「振込名義人」として指定するのを忘れないようにしてください。

指定された口座へ振込手続きを行ってから、約1~3営業日後、現地の銀行へと振込が行われます。

送金までにかかる時間について詳しく知りたい方は、TransferWiseのカスタマーサポートに詳しい情報が載っているので参照してください。

実際にTransferWiseを使ってみた感想

TransferWiseと出会うまでは、マネーパートナーズとプレスティアの組み合わせをずっと利用していました。

あわせて読みたい

海外送金を劇的にお得にする!2つの口座を使ったテクニック

留学生の一番の心配事と言っても過言ではない海外送金についての悩み。 ぼくも5年間の海外生活を通して、随分と悩みました。 最終的にはなんとか二つの方法に落ち着き、時と場合によって使い分けているのですが、 ...

続きを見る

こちらの方法は非常にお得なレートで両替ができ、実質の手数料も2,500円のみで済むので、約50万円程度以上の両替であればTransferWiseよりもさらにお得なのですが、両替した後にさらに振替、送金となかなか手間がかかる上、一度に下ろせる額が低いというデメリットがありました。

その点TransferWiseは、やや安さでは劣るものの充分にお得で、なおかつ非常に手軽に送金を行うことができます。

初回にマイナンバーの登録などが面倒ですが、他の銀行であれば海外送金の手続きにはもっと手間がかかるので、現状デメリットは全く感じていません。。

海外のサービスなので不安に感じる方もおられるかもしれませんが、日本語にも対応しているし、日本語のカスタマーサポートも充実しているので、私的には不安は全くありませんでした。

現地で送金したお金を受け取れる口座が必要ですが、一度登録が住んでしまえばスムーズなお金のやり取りができるので、お子さんを海外留学に行かせる親御さんや、海外と日本の二拠点生活を行う人などは登録しておいて間違いないサービスだと思います。

▼TransferWiseの登録はこちらから▼

あわせて読みたい

海外旅行におすすめのクレジットカードまとめ。10カ国以上旅する元アメリカ在住者が厳選!

アメリカへと海外旅行に行く際、多くの人がクレジットカードを持っていくと思いますが、皆さんはちゃんと海外旅行向きのクレジットカードを選んでいますか? クレジットカードには様々な種類がありますが、その中に ...

続きを見る

スポンサードリンク

この夏、NYで下見留学。8月11日まで

  • このサイトの管理人

SAGAT(さがっと)

2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は独立して、関西を中心に地域づくりに携わっています。詳しいプロフィールはこちら

関連記事

関連記事とスポンサーリンク

SNSボックス

更新情報をSNSでお見逃しなく。

-マネー, 留学, 買い物

Copyright© BASIK NEW YORK , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.