留学

語学留学にニューヨークをおすすめできない5つの理由を経験者目線で紹介するよ。

更新日:

Rtctu0ei t8 kirk morales

時々日本にいる人から、語学留学のためにニューヨークに行きたい、と相談を受けることがあります。

ぼくとしては実体験としてニューヨークに留学することには賛否あると思っていて、その上で相談してくださった方には色々とアドバイスをしているのですが、本記事ではぼくがいつもそのような時に話す内容をまとめてみました。

ニューヨークへの語学留学をお考えの他は是非参考にしてみてください。

そもそも語学留学の目的はなんなのか?

語学留学というのだから英語の習得が何よりの目的だとは思うのですが、人によってはそれが一番とは限りません。

例えば、ただ単純に海外生活を体験してみたい、外国人の友達が欲しい、本場の⚪︎⚪︎を体験してみたい、⚪︎⚪︎に行きたい、など、勉強以外の目的を持っている人も多くおられると思います。

その中でも、ぼくがここで書く内容はあくまで、外国人の友達が欲しいあるいは英語が話せるようになりたいという目的で語学留学を考えている人に向けてになります。

お探しの記事をこちらから検索できます。

日本人が多い

ニューヨークを始め世界中の大都市には、それはそれは日本人が大勢います。
そして多くの日本人がコミュニティを形成しています。

これが良いのか悪いのかは置いといて、この日本人コミュニティがものすごく狭い。
この世界有数の大都市ニューヨークですら、こないだたまたま知り合った人が友達の友達だった!なんてザラです。
実際五年も住んでると、共通の友達がいない人を見つけるのが難しいくらいになってきます。

だから、ニューヨークでは日本人の友達を作るのがものすごく容易です。
しかも、日本じゃ知り合えなかった業界の人ともザラに出会えたりします。
そんな日本人コミュニティの中に一度入ってしまうと、心地よくて抜け出せなくなりがち。だって楽だから。

Facebookなんかを見ていても、日本人同士でつるんでる人が多々いるのを良く見かけますし、ぼくも結構そうです。

それが悪いなんていうつもりは毛頭ありません。ただこれは、英語を学びたい、外国人の友達を作りたい、という人達にとっては致命的だとぼくは思います。

日本人同士でつるんで日本語しか話さない環境で英語が上手くなることは、まずありませんから。

「日本」が珍しくない

これは実体験に基づく話なのですが、高校時代の一年をカナダのアルバータ州のド田舎の街で過ごしました。
その街には日本人が全然いなくて、ぼくは珍しがられて良く可愛がってもらいました。(嫌な目にもあったけど)

今ほどインターネットになんでも情報がなかった頃、そこに住む彼らにとってはJAPANというものを知りたければ「ぼく」を始めとする数少ない日本人からしか知りえないことが多くあり、日本に興味のある人間は、皆がつがつとぼくの話に食いついてくれました。

おかげさまでしゃべる機会も多くなり、英語は伸びたし、現地の友人も沢山出来ました。

こんな経験があったのでニューヨークでも楽勝だと思っていたのですが、現実は全く違いました。

ニューヨークにおいてはJAPANは珍しくないし、先述の通りぼく以外の日本人がとてもたくさんいます。

もし日本のことを知りたいとしても、わざわざぼくから知る必要はありません。
だって他にも日本人は沢山いるし、今ではもうインターネット上にもいくらでも情報は落ちているから。

故に、相手側から興味を持ってもらえる機会が、カナダにいた頃に比べて劇的に減りました。

もちろん自分から積極的になれれば良いのですが、あちらから興味を持ってきてくれる確率はやはり田舎の方が高いでしょう。

そしてそれは、そのままコミュニケーションをする機会の多さに関わってきます。

受け身な日本人にとって、このような機会損失は語学留学をする上で非常に厳しいと感じます。

英語喋れなくても生きていける。

人種のサラダボウルと言われる位、ニューヨークは多民族の入り混じった場所です。
辺りを見回せば、その多様性に驚きます。

で、ここにいる人間が皆英語で意思疎通を取っているのかといえば、そうでもありません。

やはり日本人と同じく、各国の人にはそれぞれの国のコミュニティがあり、その中でしか生活していない人々は英語が話せない人なんてのも多くいます。

極端な例を挙げると、ぼくの家の近所にチャイニーズスーパーがあるのですが、そこのレジのおばちゃんは、日本人中学生レベルの英語しか話せません。

それもそのはず。
同僚は皆中国人だし、客も近隣の中国人を始めとしたアジア人か、ロシア人のじいちゃんばあちゃんが殆どなので、まともな英会話はここでは必要ないんです。

こういう人が、ニューヨークシティにはザラにいます。
そしてまた、ネイティブの人間もそういう英語が不自由な人間に慣れているので、皆対応が上手いです。(優しいのとは違う)

だから、普段の生活に高い英語のスキルは求められないし、ぶっちゃけ殆ど喋れなくてもなんとかなっちゃうんです。
知り合いの日本人で、ぼくより全然長くこちらにいるのにぼくより英語が下手な人もたくさんいます。

日本人向けの情報が充実している。

上記二つと被るのですが、ニューヨークのような都市部は日本人向けの情報サイトなどが非常に充実しています。

家探し、仕事探し、チケット手配、ましてや友達探しまで、あらゆる情報が日本語で探せます。
そういう恩恵を受けれるメリットがありつつ、経験上英語は苦労した方が伸びるとぼくは考えています。
このように頼れるソースが手身近にあることは、生活にとって非常にプラスである反面、英語学習の妨げになりかねないのも事実です。

語学留学生が語学留学生でない。

これの意味するところは、ずばりビザです。

アメリカは9.11以降、様々な規制によって非常にビザの認可が厳しくなり、今もまだその厳しさは年々強まっています。

しかし、この街で働きたいという人達は世界中から集まり続けており、そんな人達全てに就労可能なビザが発行されるわけではありません。

そのため非常に多くの人達が、比較的取得の容易な学生ビザ(F1ビザ)でNYに来て形式的に語学学校に入り、(時に違法アルバイトなどをしつつ)自分の分野での活動をしながら就労ビザ取得の機会を窺っている、という現実があります。

この行為自体の良し悪しは置いといて、こういう人たちは英語を勉強することが一番の目的ではないので、やはり「英語を勉強する」という目的の人とはモチベーションにずれが生じてきます。

そういう人達が周りに多くいる環境の中で、英語に優先順位を置いて生活するのは厳しいのではないでしょうか。

それでもニューヨークに来るメリット

ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、あくまで「英語を話せるようになりたい」「外国人の友達が欲しい」という語学留学を考えている人に向けてのもので、そうではない人にとっては上述の内容は関係ないことだと思いますし、むしろニューヨークには素晴らしい魅力がたくさんあります。

ただ、「英語を学ぶ」にはいろんなものがありすぎるんです。

「語学留学」という枠組みと別に見れば、ニューヨークは人生で一度は来るべき場所なのは間違いありません。

語学留学したい。そしてニューヨークにも行きたい。
そう言う人にぼくは、ニューヨーク以外の語学学校でせめて3か月、あるいは半年程学び、それからこちらに来てはどうかと提案します。

本気で英語を学びたいと思うなら、できるだけ日本人の少ないエリア、それもある程度田舎がいいでしょう。
生活に関する刺激は少ないかもしれませんが、英語に触れる時間が長ければ長い程それは体に染み付くものです。

実際ぼくも日本人の殆どいないカナダの田舎町での生活や、アメリカ人(台湾系)のルームシェアで英会話が飛躍的に成長しました。

日本語を極力使わない環境を作り出せるかどうかが、語学力上昇の大きな要素になりますから。

まとめ

それでもニューヨークだ!というのなら、その直感を信じるべきだとも思う。

心の声が、一番大事。

留学に関して、他にもいくつかの記事を書いているので興味のある方は参考にしてみてください。

SPONSORED

SPONSORED

関連記事

  • このサイトの管理人

SAGAT(さがっと)

2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は独立して、関西を中心に地域づくりに携わっています。詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

【Facebookページで更新情報を配信しています】

-留学
-

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.