ショッピング

もう迷わない!ニューヨークでお土産買うならおすすめなお店、ぜんぶ教えます。

投稿日:2017年3月23日 更新日:

Newyork souvenir

ニューヨークに来てみると気づくのが、「どんなお土産を買えばいいかわからない」ということ。

というのも、世界有数の大都市ニューヨークでは、なんでも買える反面、どこにでも売ってそうなものが街に溢れているのです。

しかし、せっかく来たのならニューヨークっぽいお土産を購入したいですよね。

というわけでこの記事では、ニューヨーク在住者の目線から、おすすめのお土産が購入できるショップをまとめてみました!

ぜひ購入時の参考にして下さい。

Chelsea Market(チェルシーマーケット)

ニューヨークでお土産を購入するなら定番なのが、チェルシーマーケット。

マーケット(市場)の名のごとく、巨大な元工場施設の中に、雑貨屋から飲食店までさまざまなお店が揃っています。

中でも、

フリマ形式で個人が様々な店舗を出しているArtist & Fleas,

ニューヨークオリジナルな雑貨やお菓子が並ぶChelsea Market Baskets,

オリジナルのブラウニーを販売しているFat Witch Bakery,

などは、まさにニューヨークならではのアイテムが揃うのでおすすめです。

STRAND BOOK STORE(ストランドブックストア)

ニューヨーク最大の古本屋であるSTRAND BOOK STORE。

古本屋なのにお土産?と思われるかもしれませんが、実はこの店、手頃な限定グッズが多く取り揃えられています。

店内のレジ横にはポーチやTシャツなど、可愛いデザインのアイテムがたくさん。

中でもおすすめなのが、STRANDの文字ロゴが大きく入ったトートバッグ。

薄手のものからゴツめの本が入るしたものまで、様々なデザインが取り揃えられていてお土産には最適です。

Fishs Eddy(フィッシィズ・エディ)

ニューヨークの人気雑貨店Fishs Eddyは、ここにしかないオリジナルの雑貨が盛りだくさん。

インテリアやキッチン周りのグッズが盛りだくさんで、かつてはミスタードーナツとコラボキャンペーンも行なっていました。

センスの良いお土産を探しているなら、ぜひチェックです。

MAST BROTHERS(マストブラザーズ)

まるで高級アパレルショップのような装いのMast Brothersは、ブルックリン発の高級チョコレートブランド。

こだわりのカカオとさとうきびで作られたチョコレートは、ちょっと大人な本格派。

味だけでなく、パッケージデザインも洗練されていて、お土産に喜ばれること間違いなし。

この店舗の他に、下のWhole Foods Marketでも一部商品を購入することができます。

Whole Foods Market(ホール・フーズ・マーケット)

アメリカ大手のスーパーマーケットのチェーン、Whole Food Marketも、意外と人気のお土産スポット。

ニューヨークオリジナルの商品、というよりは、高品質な食品やヘルスケア商品、コスメ品など、オーガニック志向な方に喜ばれるアイテムが揃っています。

日本では販売されていないブランドの商品なども多く、リップクリームやハンドクリームなど、ちょっとしたお土産を買うのには最適かもしれません。

>>>Whole Foods Marketの所在地一覧

Trador Joe's(トレーダージョーズ)

同じくアメリカのスーパーマーケットチェーンであるTrador Joe'sは、格安の自社ブランドが多く販売されています。

パッケージデザインが可愛い商品が多いですが、おすすめはエコバッグ。

saiさん(@saikiuchi)がシェアした投稿 -

安くて軽く、それでいて丈夫というとても優秀なアイテムで、喜ばれること間違いなし。

>>>Trader Joe'sの所在地一覧

STAR BUCKS(スターバックス)

一部では絶大な人気を誇る、ご当地スターバックスのマグカップやタンブラーも見逃せません。

通常のご当地版はもちろん、ニューヨークにはタイムズスクエア/ブロードウェイの限定モデルもあり。

Rilaさん(@rilasjahrila)がシェアした投稿 -

スターバックス好きの方へのお土産には、この上ないアイテムですね。

限定モデルはもしかするともう手に入らないからもしれませんが、タイムズスクエアの店舗は一度のぞいてみるのもありかもしれません。

Anthropologie(アンソロポロジー)

女性向けのお土産に困ったらまずチェックしたいのが、Anthropologie。

ペンシルバニア発のレディースカジュアルブランドで、あのテイラー・スウィフトが愛用していることから人気が爆発したブランドです。

可愛い雑貨はもちろん、ハンドクリームやバスソルトなど、女性に喜ばれそうなアイテムが豊富。

店舗がなく日本では手に入りにくいので、ニューヨークに来たならぜひ抑えたいものです。

>>>Anthropologieの所在地一覧

Victoria's Secret(ビクトリアズシークレット)

もう一つ、女性向けのお土産に大活躍なのが、Victoria's Secretの商品。

日本でもドンキなどで一部商品は取り扱いがありますが、意外と店舗にはバラマキに向いてる細かい商品が揃っていたり、セットで割引販売しているアイテムも豊富です。

アンソロポロジーと違い、セクシー系のブランドなので、男性が一人で入るのはなかなかハードルが高いですが・・・(笑)

>>>Victoria's Secretの所在地一覧

Duane Reade(デュアンリード)

ニューヨークのあちこちで見かけるDuane Readeは、ファーマシーと呼ばれる、いわゆる薬局にコンビニがくっついたようなタイプのお店。

ここでは、妙な色のお菓子から、コルゲートの歯磨き粉などなど、THE アメリカな商品がたくさん揃います。

お菓子の大袋パッケージやレジ前のリップクリームなどは、バラマキに最適。

おすすめニューヨークお土産ショップマップ&リンク

今回紹介したお店をまとめたマップです。

チェーン店は、以下の記事にまとめました。

Duane Readeはどこにでもあるので、ぜひ町を歩きながら探してみてください。

こんな記事もあります

関連記事

SPONSORED

関連記事

SPONSORED

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は個人事業主として独立し、日本の地方で「デザイン×発信」を通して地域づくりに携わる。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら
【Facebookページで更新情報を配信しています】

-ショッピング

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.