カード 保険 旅行 留学

海外旅行におすすめのクレジットカードまとめ。10カ国以上旅する元アメリカ在住者が厳選!

更新日:

アメリカへと海外旅行に行く際、多くの人がクレジットカードを持っていくと思いますが、皆さんはちゃんと海外旅行向きのクレジットカードを選んでいますか?

クレジットカードには様々な種類がありますが、その中には、「海外旅行に向いているクレジットカード」というものがあるのです。

還元率が高かったり、キャッシング手数料が低かったり、旅行向きの様々な特典が付いていたり・・・。

それぞれの特徴を把握して、用途に適したクレジットカードを利用することにより、実は旅行中の出費がぐっとお得になったり、様々な特典を受けられることがあるのです。

今回は、ぼくの5年間のニューヨーク生活と、これまで10カ国以上を旅してきた経験から厳選した、海外旅行、アメリカ旅行へのおすすめのクレジットカードを一挙まとめて紹介したいと思います。

そもそも海外旅行にクレジットカードって必要なの?

海外旅行をする際にそもそもクレジットカードが必要なのか?と疑問に持たれる方もいるかも知れません。

これに対してははっきりと必要だと答えておきます。

その理由は以下の四つ。

  • ホテルの保証金代わり
  • 海外旅行保険のために
  • 両替するより手数料が安い
  • レジでのやり取りが簡単になる

詳しくは以下の記事にて解説しているのでぜひ参考にしてください。

まずはVISAを持とう

クレジットカードは基本的に、以下の5つのブランドに分けられます。

  • VISA
  • MasterCard(マスター)
  • JCB
  • American Express(アメリカン・エクスプレス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)

この中でも、最も世界的に使えるところが多いのがVISA。

海外に持っていくクレジットカードの一枚は、必ずVISAカードにしておくようにしましょう。

「とにかくカードが必要で、あまり深く考えたくない」という方は、とりあえず以下の年会費無料の二枚を作っておくと間違いないでしょう。


ここからは、以下四つのポイントで海外旅行におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

  • 海外旅行保険におすすめのクレジットカカード
  • 海外旅行中の支払いにおすすめのクレジットカード
  • 海外旅行中のキャッシングにおすすめのクレジットカード
  • 海外旅行向きの特典がついてくるクレジットカード

海外旅行保険におすすめのクレジットカード

まずは、海外旅行保険が付帯してくるクレジットカードの中からおすすめのものをいくつか紹介していきましょう。

エポスカード

海外旅行保険が付帯してくるクレジットカードの中で一番おすすめなのが、あの大手百貨店マルイが発行するエポスカード

こちらは年会費無料でありながら、非常にすぐれた海外旅行保険の補償が付帯しています。

海外旅行で注意しなくてはいけないのはやはり、現地でのケガや病気。

エポスカードはそれらの補償が、傷害治療費に200万疫病治療費が270万円と、年会費無料のクレジットカードの中ではダントツに高額なのです。

さらに旅行保険は自動付帯なので、このカードを持って海外に行った時点で保険が適用される状態になるので、面倒な手続きは一切ありません。

公式サイト上で申し込み、審査に通過すれば郵送もしくは即日マルイの店舗で受け取ることも可能なので、旅行を近日に控えている方にもおすすめできます。

海外旅行者なら、ぜひとも持っておきたい一枚です。

JCB EITカード

続いておすすめなのがJCB EITカード

JCBブランドのカードはアジアでは強いですが欧米では決済に使えないところが多く、また手数料の高いリボ払い専用のカードなので支払いには向きません。

それでもおすすめの理由はやはり海外旅行保険。

エポスカードと同じく、こちらも年会費無料ながら海外旅行保険が自動付帯となっているので、海外に持っていくだけで保険が適用されます。

傷害や疾病の治療費用に最大100万円までと、エポスカードには劣るものの年会費無料のクレジットカードとしてはそこそこの補償が付帯しています。

また海外旅行保険は複数のカードで合算することが出来るので、エポスカードのサブカードとして持っていくことをおすすめします。

年会費無料で審査も通りやすく、発行も早いので、持っていない人はぜひとも作っておきましょう。

海外旅行中の支払いにおすすめのクレジットカード

通常、海外に行く際の両替を行うと銀行などでは大体3.0%前後の手数料が取られます。

しかしクレジットカードで決済をすると、1.6%〜2.0%程度の手数料で済んだりと、実は両替するよりもコストがお得になるのです。

MileagePlusセゾンカード

米ユナイテッド航空系列のクレジットカード、MileagePlusセゾンカードは、海外での支払いに非常に優れた一枚です。

通常の年会費は1,500円ですが、追加料金5,000円を支払いマイルアップメンバーズに加入すると、1,000円のカード利用で15マイルを獲得できるようになります。

これはマイルが貯まるクレジットカードの中でも最高水準で、クレジットカードに比べても非常に高い還元率(1.5%)を誇ります。

また貯まるのはスターアライアンスのマイルなので、このカードで貯めたマイルは、ANAの国内航空券の購入などに使うこともできます。

ブランドはVISA、Mastercard、American Express(AMEX)から選択できますが、AMEXを選ぶことで毎年500マイルがプレゼントされます。

海外旅行保険も自動付帯かつ最大3000万円と高額補償なので、海外旅行にぜひおすすめです。

三井住友VISAカードデビュープラス

もしあなたが25歳以下なら、三井住友VISAデビュープラスカードの利用を視野にいれてもいいかもしれません。

年会費は無料ながら、通常の三井住友カードの二倍の還元率(1.0%)。

さらに入会後三ヶ月は五倍(2.5%)という脅威の還元率を誇ります。

貯めたポイントはそのまま、楽天ポイントやヨドバシカメラゴールドポイント、ANAマイルなどに交換することもできるので、非常に汎用性が高いです。

また、26歳になると自動的に20代限定のプライムゴールドカードへとランクアップし、通常のゴールドカードと同等のサービスを受けることもできます。

海外旅行中のキャッシングにおすすめのクレジットカード

クレジットカードの決済は両替よりもお得というのは先のとおりですが、どうしても現金が必要な場面もあるでしょう。

そんな時に視野に入れたいのが、クレジットカードによるキャッシング。

現地のATMを使ってキャッシングをすることで、現地通貨を手に入れる事ができます。

セディナカード

キャッシングに最もおすすめなクレジットカードが、セディナカード

海外に対応した多くのクレジットカードは基本的に現地ATMでのキャッシングが可能ですが、セディナカードの最大の特徴は、Pay-easy(ペイジー)というサービスを利用することで繰り上げ返済が出来るという点。

エポスカードでもこのペイジーによる繰り上げ返済は可能なのですが、セディナカードの方が請求額確定が早いので、その分利息が安く済ませられるのです。

海外旅行保険も付帯せず、還元率もよろしくありませんが、年会費無料でキャッシング利用料も格安に抑えられる一枚として、ぜひ持っておきたい一枚です。

海外旅行向きの特典がついてくるクレジットカード

楽天プレミアムカード

年会費無料の楽天カードの上位版である、楽天プレミアムカードは実は、頻繁に年一回以上海外旅行に行くのであれば見逃せない一枚なんです。

というのも、空港のVIPラウンジが使えるプライオリティ・パスが、このカードを持つことで無料でついてくるのです。

通常、取得に$399(約40,000円)かかるプライオリティ・パスがこの価格で手に入るのは、驚きです。

プライオリティ・パスを利用して入れるVIPラウンジは各国の空港に設置されており、このラウンジを2~3回利用するだけで、年会費は大体元が取れます。

また、カード付帯保険の有効範囲内であれば現地の病院でカード会社が直接料金を支払ってくれる、キャッシュレス診療サービスも付帯していることから、実は海外旅行に非常に適したカードになっているんです。

また還元率が1.0%であり、使うほど楽天ポイントが貯まるので、楽天の利用者であればこちらをメインカードにしてもいいかもしれません。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンカードとアメリカンエキスプレスによる
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード
は、海外旅行のために作られた一枚と言っても過言ではありません。

というのも、海外旅行をサポートする特典が盛り沢山。

年会費は25歳まで無料であり、以降は3,000円となりますが、疾病治療費上限300万、傷害治療費上限300万など一般カードとしてはトップクラスの補償額。

また楽天プレミアムと同じようにキャッシュレス診療があったり、現地でのさまざまな予約を代行してくれる海外アシスタンスデスクを利用することもできます。

他にも、会員料金で海外用のWi-Fiや携帯電話をレンタルできたり、帰国時の空港から自宅への手荷物宅配サービスがあったりと、まさに至れり尽くせり。

還元率は国内利用だと0.5%だと低いですが、海外での利用では倍の1.0%となる点もポイントです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

年会費が10,000円(初年度無料)かかってしまいますが、旅のクオリティをさらにあげてくれるのがセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

こちらは上のセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのアップグレード版で、ブルーについていた特典に加え、現地のレンタカー割引サービスや空港ラウンジの利用サービスなどが付帯しています。

また、基本的にクレジットカードは、所有者のみの補償ですが、なんとこちらのカードは自分の家族にも補償が適用されます。

万が一飛行機が遅延した場合はそのチケット代も補償されるなど、海外旅行時のトラブルに対してとても心強い一枚になることは間違いなし。

10,000円で一年間の家族の安心を買えると思えば、とてもコストパフォーマンスの高いカードと言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回は以下七枚のクレジットカードを紹介しました。

それぞれのカードの特性を活かし、ぜひ次の旅を快適かつお得にしてもらえればと思います。

こんな記事もあります

アメリカのATMの使い方。クレジットカードのキャッシングをする方法

今回の記事ではアメリカのATMの使い方と、そのATMを用いてお金の引き出し方、クレジットカードによるキャッシングの仕方を解説しています。 普通の海外旅行で現地のATMを使うことはあまりない、とお考えの ...

続きを見る

海外留学に保険は必要なのか?留学中の医療保険を四年間、実質無料にし続けた方法を紹介します。

留学希望者に時々質問されるのが、留学中の保険はどうしていたのか?ということ。 そもそも海外留学をするにあたって保険への加入は必要なのか? 海外留学保険は高価だけれど、それに見合う価値はあるのか? これ ...

続きを見る

アメリカへの海外送金や両替にマネパカードが便利かつお得すぎるという話

海外送金をお得にするためには新しく口座を開いたりオンラインでの手続きがややこしかったりといろいろ面倒な点も正直あります。 手数料をできる限り安く抑えつつ、簡単な方法があれば嬉しいのですが、一番簡単だと ...

続きを見る

関連記事

  • このサイトの管理人

SAGAT(さがっと)

2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は独立して、関西を中心に地域づくりに携わっています。詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

SNSボックス

更新情報をSNSでお見逃しなく。

-カード, 保険, 旅行, 留学

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.