お金/カード 準備&出発

ドルと円の両替はどこでするのが一番おすすめ?手数料の一番安い方法調べてみました。

投稿日:2016年4月5日 更新日:

渡米する、あるいはこれから日本に帰る時、持っているお金をそれぞれの国のお金に両替しますよね。
その時に一番お得な両替方法って、どれなんでしょう?

みなさん、いつも渡航直前に空港とかでちゃちゃっとやってたりしませんか?

両替の方法は色々あるけど、手数料が安い方法がわからない。
そんな方のために、一番お得な両替方法を調べてみました。

すると...

店頭での現金両替より、オンラインFXを利用した両替が遥かにお得だということがわかりました!

FXなんて聞くとちょっと怪しいとか怖いようなイメージあったのですが、いざ使い始めてみるとこれがとても簡単で便利な両替ツールだったんです。

他の金融機関との比較と、具体的なFX口座による両替テクニックを紹介します。

事前に現金を両替するなら必ず日本で

ぼくは絶対にやらないのですが、万が一急ぎでどうしても現金の両替をしたい、という方は日本国内で事前に両替しておくことをおすすめします。

というのも、アメリカ国内での円の両替は手数料が高いから。
当たり前のことですがこれは、アメリカでは通貨としての円の需要がないからです。

故に、円とドルの両替は基本的に日本でする方がベターです。
※アジア圏の国だと円の需要があるので、現地で両替する方がお得だったりします。

日本で両替できる場所

一番両替手数料が安いオンラインFXの話は後から説明するとして、日本でその場で現金の外貨両替が出来る主な場所は以下の通り。

  • 銀行
  • 両替所
  • 金券ショップ
  • 郵便局

では、この中で最もお得なのはどこでしょうか?

オンラインFX以外でレートが一番良いのは金券ショップ

街中でたまに見かける金券ショップですが、中でも両替関連で良く名前が挙がるのは大黒屋。

金券ショップというとなんとなくアングラなイメージがあるのですが(ぼくだけ?)、普通の銀行で両替するよりも0.5~0.8円ほどお得だそうです。(店頭の場合)

但し、正式な金融機関ではないので偽札などが混じっている、なんて話もあり、安心を求めるのであればあまりおすすめはできません。(ぼくは使ったことありません。)

店頭によっては取り扱っていない通貨などもあるようなので、事前に必ず確認するようにしてください。

大手の銀行は大体どこも同じ

金券ショップにあまり馴染みのない人も多いと思います。
そういう方にはやはり、信頼性、確実性のある一般的な大手銀行がいいでしょう。

で、どの銀行が一番いいのか、といえばぶっちゃけ大手ならどこもほとんど同じです。

基本的に、銀行での両替手数料は$1あたり3円前後(ウン10銭の違い)で、レートを見てもらえれば各所それほど違いがないことがわかります。

各銀行の価格を表にまとめてみました。
※2015年8月10日午前5時あたりの比較表

銀行名 三菱東京UFJ 三井住友 みずほ りそな
日本円から外貨へ($1.00辺り) 125.49(円) 125.18(円) 125.75(円) 125.73(円)
外貨から日本円へ($1.00辺り) 124.99(円) 124.18(円) 123.57(円) 124.73(円)

これを見てもらっての通り、銀行間での違いというのはそれほど大きくありません。
強いて言うなら円からドルは三井住友、逆はみずほ銀行のレートがやや良いくらい。

ちなみに、三井住友銀行とみずほ銀行には空港内や都内に両替専門の外貨両替コーナーを持つ店舗があって、そういうところは手数料割引などのキャンペーンで30銭ほどお得になっているケースもありますのでチェックしてみてもいいでしょう。

その他の両替機関

じゃあ他の両替できるところはどうなの、って話なんですが...

郵便局は銀行に比べやや手数料が高めに設定されています。(3円弱)

また、空港などで良くみるTravelex(トラべレックス)などの両替所は、基本的にレートが悪いので緊急時以外お勧めしません。(但し、トラべレックスではクレジットカードで外貨が購入出来るのでポイントやらマイルが貯められます)

オンラインFX口座で最大98%もお得に

先に紹介したのは現金を直接両替する方法ですが、ぼくが行っているのはオンラインでFX口座を用いた両替です。

中でもぼくはマネーパートナーズ
というFX口座を利用して両替を行っています。

マネーパートナーズとは

マネーパートナーズというのはいわゆるFX口座の一つ。

FXと聞くとちょっと「怪しい」とか「怖い」みたいなイメージがあったのですが、両替をするためだけの口座として割り切って使ってみると、実際のところはなにも怖くない・・・っていうかめちゃくちゃ便利な両替ツールなんです。

マネーパートナーズをおすすめな理由

マネーパートナーズ
が外貨両替に向いている理由をざっとあげてみると・・・

  • 口座開設が無料
  • 好きなレートのタイミングで両替が可能
  • 外貨両替手数料が基本為替レート+0.2円~0.4円(業界最安)
  • 両替した外貨を現金で、手数料たった500円で主要4空港で受け取れるサービス有
  • 海外口座への外貨出金が一律2,500円/回

など、海外に行く人間にとってはこれでもかと言わんばかりの特典を備えたサービスなのがお分かり頂けると思います。

外貨利用者をターゲットにしているだけあって、他のFX口座よりも海外志向の人に適した内容で、旅行者や留学生などが非常にお得に使えるようになっています。

実際どれくらいお得なのか?

では、これらを踏まえてマネーパートナーズを利用するとどれくらい両替がお得になるのか見てみましょう。

$1=120円と仮定し両替額は$1000分両替するとします。
それぞれにかかる手数料を大手銀行/金券ショップ/マネーパートナーズで計算してみます。

大手銀行

大手銀行では手数料はだいたい3円ほど。

1000($)×3.0=3,000

つまり、約3000円の手数料がかかります。

金券ショップの場合

金券ショップの手数料は銀行よりも0.5~0.8円ほど安いので、ここでは仮に2.5円とします。

1000($)×2.5=2,500

約2500円の手数料がかかります。

マネーパートナーズ

マネーパートナーズでは手数料が0.2~0.4円。ここでは0.4円で計算します。

1000($)×0.4=400

約400円の手数料がかかります。

...

...

...間違ってません。400円です。銀行手数料の1/7以下です。

これに空港受け取り500円を足しても900円で、いずれにしても銀行手数料の1/3で済んでしまうのです。

いや、これ、使わない手はないでしょう。

マネーパートナーズの口座開設方法

というわけで口座開設の方法をご紹介します。
マネーパートナーズの口座開設はとても簡単です。

まずはマネーパートナーズ
へアクセス。

海外旅行ならマネーパートナーズの外貨両替 日本最安コストで受取可能 FX 証券取引のマネーパートナーズ  外為を誠実に

いきなりこんな画面が登場してちょっとびっくりしますが、要は「このブログ(BASIK NEW YORK)はマネーパートナーズ社が作ったものではありませんよ〜」ってことです。
わかっとるわ、という感じですが、こんなのがいきなり出てくるとちょっとびっくりしますよね。特に問題ないので公式サイトへ進むをクリックして次にいきましょう。

トップページ右上、口座開設より手続きを始めます。

海外旅行ならマネーパートナーズの外貨両替 日本最安コストで受取可能 FX 証券取引のマネーパートナーズ  外為を誠実に

クリックされるとポップアップウインドウに申し込みページが出てくるので、表示された項目に必要事項を記入していくだけ。

口座開設 FX CFD 証券取引のマネーパートナーズ  外為を誠実に

以上で申し込み手続きは完了です。

またこの申し込みが完了後、自分の手で本人確認書類(身分証明書のコピー等)を送付する必要があります。
メール/FAX/郵送で書類を送ってください。

おすすめはメールによる送付。
うまくいけば、即日審査&開設ですぐに取引ができるようになる可能性もあります。

※FX口座の開設拒否の主な理由は資金不足や経験不足によるもの。これらの経験がないor少ない場合は、少し多めに見積m(ry)。...稼ぎは増やせばいいのです。

最初はこの作業がやや面倒ですが、今日の苦労は明日への得。
あとあとお得にするためにも、ぜひ頑張って一気にやっちゃってください。

即日〜一週間くらいで、口座開設完了に関する書類が届き、晴れて準備OKです!
最短で、申し込み翌日から取引可能になるケースもあるとかないとか。(ぼくは一週間くらいかかりました)

以下でさらにマネーパートナーズの利用法について解説していくので、よろしければこちらのページをブックマークしておいてください。

身分証明書の送付し忘れにご注意を!

申請したのに一向にマネーパートナーズから連絡が届かないという方は、今一度、本人確認書類(身分証明書のコピー等)の送付を忘れていないか確認して下さい。

忘れていなくても、書類に不備があったりすると審査そのものが始まらない可能性もあります。そのような事態を避けるためにも、申し込みのガイダンスに従って、しっかりと送付するようにしましょう。

本来ならこちらの書類を送ってから1~3営業日くらいでマネーパートナーズからメールが来るはずなので、そちらのメールが届かない場合は要注意です。

無事に審査に通ったら

口座開設完了後に送られてくる書類には、ログインに必要なIDとパスワードが書かれています。
そちらを使ってまずはマネーパートナーズにログインしましょう。

ログインした画面はこんな感じ。

Money partners3

まずは使う前に、必要な情報を設定する必要があります。
このページの下部にある、登録情報のページへ行きましょう。

会員専用サイト 2016 07 20 18 09 09 1

この登録情報のページでは、各口座に関する情報を設定することができます。

Money partners1

重要なのは、↑の下線を引いてある出金口座情報&専用振込口座情報の二つ。

もし外貨を現金で口座に入れたいのであれば、出金口座には日本円以外の外貨用の口座も登録しておく必要があります。(後述する空港受け取りサービス利用の場合は不要)

Money partners2

自分が両替したい外貨と、それに対応した口座を登録しましょう。

Monosnap 2016 07 20 18 14 21

ちなみに国内で開設できる米ドルを取り扱える口座としては、マネパカードの口座プレスティア(旧シティバンク)がおすすめです。

そして専用振込口座情報というのは、マネーパートナーズに入れる元金の入金先のこと。

ユーザーそれぞれに固有の口座が与えられており、こちらはもちろんですが入金専用となっております。

マネーパートナーズでの両替方法

では続いて両替の方法について解説していきましょう。

まずはログイン後の最初の画面で、左側のメニューの旧WEB取引画面(両替)をクリック。

会員専用サイト

そしてこちらから、口座照会・両替>外貨両替を選択。

パートナーズFX

注意事項が表示されるので、確認してください。

パートナーズFX

問題なければ次へ(外貨両替手続き画面へ)をクリックします。

こちらの画面では、両替に利用する通貨を選びます。

パートナーズFX

支払い通貨と受け取り通貨を選択できるのですが、金額にはどちらか一方のみ入力して下さい。

例えばアメリカドルで2,000ドル欲しい場合は、支払いの本通貨をJPY(日本円)に、受け取り通貨をUSD(アメリカドル)にして、右側に2000と入力します。

100通貨単位の取引なので、端数が出ないように注意して下さい。(2500なら大丈夫だが、2550や2505は不可。)

両替は以上で完了です。めちゃ簡単!

両替後のドルを手に入れる

両替後のドルは現金で受け取る外貨を扱える口座に送ることになります。

現金の場合は、マネパの空港受け取りサービスを利用すれば手数料たった500円出発前に空港の専用カウンターで受け取ることができます。
参考関連リンク

また、口座に送る場合の受け取り先に関しては、以下の組み合わせが最もお得だと思います。

ちなみにマネーパートナーズ内での外貨両替は一瞬で出来ますが、他の口座への外貨の出金には3~4営業日かかるので、そちらを考えている方はご注意下さい。

というわけでこれまでの流れを一旦おさらい。

  1. 専用振込口座情報でマネーパートナーズへ入金
  2. マネーパートナーズ内で両替を行う
  3. 外貨を空港で現金受け取りor両替した外貨を登録した外貨出金口座へ振替or現地で現金で引き出す

口座開設はお早めに

断然お得に利用できるマネーパートナーズですが、口座開設までに最短でも1週間かかり、さらに最初に入出金口座の登録などの作業が必要なので、これから留学や渡航を控えている方は、できるだけお早めに登録しておくことをオススメします。

現金が欲しいなら両替よりもクレジットカードのキャッシング

Currency exchange3

マネーパートナーズなどのFX口座以外で両替するのであれば、短期の旅行等では現金は最低限にして、クレジットカードでキャッシングor買い物するほうが良いです。

  • クレジットカードの手数料は利用金額の1.6%で、普通の両替に比べてずっとお得。
  • キャッシングも同じ手数料な上、現地のATMでも使えるので安心。
  • 還元率の高いカードを使えば高額の買い物でもその分ポイントがついてさらにお得になる。
  • 年に複数回海外に行くならマイルを貯められるカードの利用でさらにお得になる。

このクレジットカードのキャッシング機能が非常にお得に利用できるのがエポスカード

繰上げ返済というシステムを使うことによって、手数料を恐ろしく安くすることが可能なんです。

他にも海外旅行におすすめのクレジットカードを以下の記事で紹介していますので、是非参考にして下さい。

さらにお得なマネパカード

クレジットカードよりもさらにお得なのが、マネーパートナーズの関連サービスであるマネパカード。

こちらは海外専用のプリペイドカードで、両替手数料はクレジットカードの手数料の約半額となっている上に好きなタイミングで一気に両替して、一気にチャージしておけるので、短期の旅行にも長期の海外送金にも使えます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

新生銀行は非常用

また海外利用できる口座を検討するとよく名前の挙がる新生銀行について。

新生銀行のカードは両替不要で日本の口座から現地のATMでドルを引き出せるのでとても便利ですが、手数料が基本レート+4%と、通常のクレジットカードが1.6%であることを考えるとかなり高めに設定されています。

口座開設は無料かつ、日本国内でのATM手数料無料などの特典も多いので作っておいても損はないですが、海外での利用は基本的に非常時のためで、現地でのメインの現金調達手段として使うには若干不向きです。

ただこの4%の手数料も現地での両替に比べれば全然安いですし、そのままダイレクトに現地通貨を引き出せるのはかなりの強みなので、旅行前に作っておき、非常用の円を一定額入れておくことで、かなりのリスクヘッジになります。

ぼく自身このカードには何度も救われましたので、お守りとしてぜひ持っておくことをおすすめします。

まとめ

上から両替手数料が安い順

  1. マネーパートナーズ
  2. マネパカード
  3. クレジットカード
  4. 大黒屋
  5. 各大手銀行
  6. 郵便局
  7. 空港の両替所

下3つを使ってる人多いと思いますが、めっちゃ損してますよ!絶対見直した方がいい!

そして今回紹介した、外貨両替に今すぐ登録すべきツールは以下の二つ。

また、海外旅行/留学する人向けに記事内で紹介したリンクもまとめましたのでぜひ参考にしてください。

出発日までにまだ2週間以上ある人は、是非マネーパートナーズ&マネパカードの両方を申し込みをされることをお勧めします。

皆さんが、損のないベストな両替ライフをおくれますように。

ちなみに、ユーロの両替について詳しく知りたい方は、以下の記事をぜひ参考にしてください。

参考円からユーロへの両替でおすすめの方法は?一番レートが良く手数料が安い方法はこれだ!

SPONSORED

SPONSORED

関連記事

プロフィール

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は個人事業主として独立し、日本の地方で「デザイン×発信」を通して地域づくりに携わる。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

【Facebookページで更新情報を配信しています】

-お金/カード, 準備&出発
-, , ,

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.