カフェ グルメ ショッピング

ウィリアムズバーグのラフ・トレードNYCレコードストアがロック好きの心を躍らせ過ぎる。

更新日:

Rough trade 3 of 22 若かりし頃のロック魂が刺激されまくりです。 先日、英語キュレーターのセレンさん(@cellen0)がNYに遊びに来ていらしたので、一緒にブルックリン、ウィリアムズバーグを探索してきました。 いい機会だったので、まだ行ったことのなかった1年前に出来たばかりのロンドン発のレコードショップ、ラフ・トレードNYCに、ミュージシャンとしても活動されているセレンさんをお誘いして行ってきました。

ラフ・トレードとは

ラフ・トレードはイギリスのノッティングヒル発のレコードレーベルのショップ(ショップ部門は88年に独立運営)。 ザ・スミスなどのバンドを輩出したことで知られる、UKロックシーンの伝説的レーベルです。 あの漫画BECKに登場した「ナフ・トレード」のモデルになったといえばピンとくる人も多いのではないでしょうか?

そんなラフ・トレードのニューヨーク店が、この音楽ストリーミング時代真っ只中に地価絶賛高騰中のウィリアムズバーグにまさかの出店。 機会が無くてずっと行けてなかったんですが、ついに今回遊びに行ってきました!

お探しの記事をこちらから検索できます。

ラフ・トレードNYC

ヴィンテージショップ、"ビーコンズ・クローゼット"などがその地価高騰のあおりを受けて移転する状況のウィリアムズバーグに、ラフ・トレードNYCは2013年11月にまさかの出店。 かなりの敷地面積で相当な家賃だとは思いますが、採算が取れているのかは果たして謎。 Rough trade 10 of 22 店内は倉庫をそのまんまレコードストアにしたような作りで、男心をくすぐります。 英国の折りたたみ自転車メーカー、BROMPTONとのコラボカフェもあり。 Rough trade 21 of 22 Rough trade 18 of 22 座席には自転車のパーツが詰められた箱で作ったテーブル。 Rough trade 17 of 22 音楽雑誌も充実しています。 Rough trade 14 of 22 様々なジャンルの作品はもちろん、レコードやカセットなどの媒体も販売。老舗レコードストアならでは。 Rough trade 22 of 22 同じウィリアムズバーグにある楽器屋、MAIN DRAG MUSICとのコラボブースもあり。 Rough trade 1 of 22 一階奥にはライブハウスのエントランスと思しき空間が。 Rough trade 20 of 22 どうやら奥にはライブハウスが併設されているらしく、今晩出演予定らしきバンドがリハーサルをしていました。 二階に上がってみます。 Rough trade 2 of 22 二階からの景色でまず衝撃なのが、吊るされたコンテナ内のオフィス。 Rough trade 4 of 22 まるで秘密基地のようでめちゃかっこいい。 二階には、音楽関係の雑誌や書籍などが取り揃えられていました。 Rough trade 5 of 22 奥にはピンポン台。 Rough trade 6 of 22 余談ですが現在NYではピンポンブーム。 若者の集まるヒップなお店では、古着屋やバーにもピンポン台が置いてあったりします。 ちなみにこのエリアからはライブハウスを見ることもできました。 Rough trade 12 of 22 残念ながちょうどリハーサルが終わったところ。 もともと倉庫だったであろうインテリアをうまく生かした、雰囲気溢れるライブハウス。 Rough trade 13 of 22 このCOSCOのコンテナはNYでよく見ます。 COSTCO(コストコ)ではないのね。 ライブハウスを背にすると、イギリスの新聞であるガーディアン紙とのコラボスペース、"GuardianGreenRoom"が。 Rough trade 7 of 22 "a multi-purpose interactive digital lounge(参考リンク)"と説明されるこのエリアでは、ガーディアン紙のプレビューはもちろん、イベントの情報を調べたり、アプリを試したりなどのデジタルコンテンツの体験ができます。 さらにその奥からは二階から店内を見渡せます。 ベルベッツ(THE VELVET UNDERGROUND)のイラストレーションが光ります。 Rough trade 9 of 22 店側からも、「写真を撮って、ツイートしてね」とのこと(笑) Rough trade 8 of 22

感想

音楽好きはもちろんそうでない人も、日本では滅多に見ることのできないこの特殊な空間にワクワク間違いなし。 青春の大半をレコードショップとライブハウスで過ごした僕にとっては心躍る最高の場所でした。 次回はカフェと、ライブも観に来たいですね!

アクセス

住所

64 N 9th St Brooklyn, NY 11249 L線Befford Ave駅からN9th Stを西へ2ブロック。イーストリバー州立公園を正面に見て左側にあります。

マップ

管理人のひとこと

SAGAT
ちなみにここは貴重なトイレが使えるポイントなのでそこも要チェック!
ウィリアムズバーグは結構トイレがなくて困るんですよね。 数少ないフリー利用可能なトイレは貴重です。

SPONSORED

SPONSORED

関連記事

  • このサイトの管理人

SAGAT(さがっと)

2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は独立して、関西を中心に地域づくりに携わっています。詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

【Facebookページで更新情報を配信しています】

-カフェ, グルメ, ショッピング
-, ,

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.