準備&出発

3ヶ月以上のアメリカ留学/滞在者は三井住友VISAカードの海外旅行保険利用付帯を見逃すな

投稿日:

Visa

クレジットカードの超定番、三井住友VISAクラシックカード

実はこのカード、海外旅行者や留学生にすごくオススメなんです。
というのも、このカードの海外旅行保険が非常に優秀。

今回はこの三井住友VISAカードの魅力を存分に語りたいと思います。

三井住友クラシックカード特徴

まずこのカード、年会費が無料ではありません。
しかも、海外旅行保険の補償額は微妙です。

傷害死亡・後遺障害 最大2,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
最大50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
最大50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
最大2,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円](1旅行中かつ1年間の限度額) 最大15万円
救援者費用
(1年間の限度額)
最大100万円

補償の条件についてはこちらを参照してください。

ではなぜ、このカードが海外旅行や留学にオススメなのか?

それは以下の三つの理由からです。

  • 年会費を実質無料に出来る
  • キャッシュレスの診療サービスが使える
  • 海外旅行保険適用期間を延長できる裏技が使える

一つずつ解説していきましょう。

年会費を実質無料に出来る

この三井住友VISAカードは年会費が1250円掛かるのですが、マイ・ぺいすリボというリボ払いのサービスを利用することでこの年会費が無料になります。

月々の支払いを分割に出来るリボ払いは、便利な反面手数料を多く取られてしまうため、あまりオススメしない決済方法ですが、リボによる支払額の設定金額以下の請求であればマイ・ぺいすリボは適応されません。

故に、マイ・ぺいすリボの支払いを限度額の30万円まで上げることによって、実質普通のクレジットカードと同じように使えるようになるので、ノーリスクで年会費を無料にできます。
※カードが届いてから設定が必要です。

キャッシュレス診療サービスがある

このキャッシュレス診療サービスというのは、カード付帯保険の有効範囲内であれば、現地の病院でカード会社が直接料金を支払ってくれる=自身が支払う必要がないサービスです。

保険金申請手続きなども一切要らずまさにキャッシュレス(現金不要)で手軽に支払いを済ませられるんですね。

海外旅行保険適用期間を延長できる裏技が使える

クレジットカードの海外旅行保険というのは自動付帯(渡航した日から自動的に付帯)というのが一般的なのですが、この三井住友VISAカードは、海外で交通費を支払った時点から適応される、利用付帯というシステムになっています。

これはつまり、自身で保険適用開始日をコントロール出来るということで、他のカードと組み合わせることで、保証期間である90日の制限を引き延ばすことができるのです。

ちなみにこれは、ぼくのような海外居住者にも適応されます。

※この機能は、三井住友VISAカードのクラシックのみです。クラシックAカードでは使えないのでご注意下さい!!

管理人のひとこと
SAGAT
とりあえず持っておくべき定番カード。

世界で使えるVISAブランドのカードなので、大概の場所で使えるのも安心。
クレジットカードとして利用するためというよりは、持っておくべきお守りのようなカードかもしれません。

まだお持ちでない方は速攻で作られることをオススメします。

SPONSORED

SPONSORED

関連記事

  • このサイトの管理人

SAGAT(さがっと)

2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は独立して、関西を中心に地域づくりに携わっています。詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

【Facebookページで更新情報を配信しています】

-準備&出発
-,

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.