交通情報

ニューヨークのバスの乗り方

投稿日:2016年4月3日 更新日:

日本ではSuicaやPitaPaなどのICカードがメジャーになり、切符いらずでとても便利ですが、世界有数の都市ニューヨークでは実は全然アナログで、未だにメトロカードという、こんなぺらっぺらのものを使っています。

こいつの使い勝手がまた悪くて、来たばかりの人は使い方に慣れずにうまく改札を通れなかったりと、トラブルの種になることもあります。

そんなメトロカードを使っての交通機関の利用。

地下鉄は慣れれば簡単なのですが、意外と住んでる人でも避けがちなのがバス

今回はヘビー・バス・ユーザー(?)のぼくが、猿でもわかるくらい簡単にNYのバスの乗り方を解説します。

ニューヨークでのバス利用のメリット

そもそも地下鉄で間に合ってる人が多いのでバス使う意味あるの?って感じですが、正直なところニューヨークの主要地は大体地下鉄でいけます。

ただ、ちょっと奥地だったり、地下鉄だったら乗り換えじゃないと行けないようなところにバスが通ってたり、バスの方が家の近くまで行ってくれたり、と、その人の普段の生活圏次第ではバスはとても便利なんです。

マンハッタン内におけるバスの特徴としては、地下鉄が主に縦移動に優れているのに対し、バスは横移動をするのに向いています。

この特性を理解していれば、マンハッタン内での移動がかなりスムーズになるはずなので、効率的に移動プランを考えることができるようになります。

MTAバスとは

ニューヨーク市内を走るバスと地下鉄は基本的に、MTA(メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティー)という会社によって運営されています。

MTAが運営する交通機関はどれも先述のメトロカード乗車することが出来、料金は地下鉄・バス共に基本的に$3.00一律(例外あり。後述)です。

乗る前に知っておきたいこと

まずはMTAバスに乗る前に事前に知っておきたいことをチェックしましょう。

バスの種類

MTAのバスは車体の前方上部に「アルファベット1,2文字+最終目的地」の表示が出ており、一目でどのルートに向かう線かを見分けることが出来ます。

最初のアルファベットは順に、

  • M=マンハッタン
  • B=ブルックリン
  • Q=クイーンズ
  • Bx=ブロンクス
  • S=スタテンアイランド
  • X=エクスプレス(急行線)

という見分け方になります。

もしQ10と書いてあれば、それはクイーンズ発/行の10番という路線、ということになります。

役立つアプリ

バスの見わけ方がわかったら、アプリを入れておくとどの線がどこに行くかわかりやすいです。

NYC Bus Checker - Free Live Bus Times and Journey Planning for New York City : Bus, Subway and Rail

NYC Bus Checker - Free Live Bus Times and Journey Planning for New York City : Bus, Subway and Rail
開発元:FatAttitude
無料
posted with アプリーチ

バスの到着時間などを細かく知らせてくれる、なかなかのスグレモノです。

エクスプレスの料金

エクスプレス以外の路線は定額$2.75で、乗り放題のメトロカードでも乗れますが、エクスプレスでは乗り放題の適応外で、別途$6.50支払わなくてはなりません。

支払いはメトロカードか現金(コイン)のみ

ヨーロッパなどではバスの料金をクレジットカードで払えたりするところもありますが、基本的にニューヨークのMTAバスの支払いはメトロカードか現金のみです。

メトロカードは事前に用意

支払いをメトロカードでする際は、必ず事前に地下鉄の駅や販売店でメトロカードを購入しておくことが必須となります。

というか、バスの駅や車内でメトロカードは買えません。

現金の場合はコインのみ

現金で乗る場合、紙幣は使えないという点にご注意下さい。
使えるのはコインのみ。あまり細かい額を出しすぎると運転手や後ろに並んでる乗客に嫌な顔されます(笑)

メトロカードの中にいくらかチャージしておくのが賢明でしょう。

バスの乗り方

バスの乗り方はめちゃめちゃ簡単です。

まずはバス停でバスを待機。

バスの到着時間はバス停にも記載されていますが、アプリで確認する方が間違いないでしょう。
基本的に時間通りには来ない、と思っていた方がいいです。それがニューヨーク。それがアメリカ。

バスが来たら、乗車します。

順番に並びましょう。

乗ると支払機があります。先に支払う仕組み。

こんな風にカードを入れると、吸い込まれてピピッとなって出てきます。

横のモニターに残額が表示され、残額が足りない場合はINSUFFICIANT FAIRと表示されます。(カード残額に要注意!)

前の方は優先座席なので、若い人は極力後ろの方に座りましょう。

降りる時は手すりについている赤いボタンを押すか

窓の方についている黄色い紐を軽く引くと、車内前方のSTOP REQUESTのランプが点灯します。

駅に着いたらバスの真ん中or前方のドアから出ます。

真ん中のドアは少し重いので、強めに押しましょう。

乗車に関する注意点

バスに対して苦手意識がある人の最大の理由は恐らく、降車駅がわからない点にあるのではないでしょうか。

降車する時の指標は基本的に運転手のアナウンスのみで、しかもこれがまたわかりにくい。
音質の悪さにバスの音も相まって、ノープランで乗ると本当に降りる場所がわかりません。

これに対する対策は

  • 降りる駅を覚える
  • 地図アプリに頼る
  • 運転手に頼む
  • 目を凝らしてストリート/アベニュー名をチェック

の四つ。

降りる駅を覚える

既に何度か使い慣れていて、自分の降りる場所がわかっている場合は、窓際に座ったり外を見続けて降りる駅を判断します。

しかし初めて使う人や、慣れない人にとってはこれはなかなかハードルが高い。

特に、碁盤目状に街が作られているマンハッタンならまだしも、道がぐねぐねしているクイーンズやブルックリンではそううまくはいきません。

地図アプリに頼る

リアルタイムに現在地を知らせてくれる地図アプリか、Google Mapが良いでしょう。

Google Maps

Google Maps
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

いずれにしてもオンラインに頼ることになるので、フリーWi-Fiに頼る電波環境が安定しない観光客の方には辛いかも。

ニューヨーク旅行にはレンタルWi-Fiは必須です。

運転手に頼む

少し邪道ですが、乗る時に事前に降りる場所を運転手に確認しておき、着いたら知らせてくれるよう伝えておくのも手です。

ただしこれには多少の英語力と、運転手の人間性という運の要素が大きく絡んできます。

人によっては冷たくあしらわれる可能性も。

目を凝らしてストリート/アベニュー名をチェック

これはもうそのまんまです。(笑)

ひたすら外を見ながら、自分がどこで降りるのかを徹底的に注意して確認しましょう。

まとめ

  • メトロカードを事前に用意しておく
  • 紙幣は使えない
  • エクスプレスは乗り放題の範囲外
  • 降りる駅を見つけるのはちょっと大変

SPONSORED

SPONSORED

ABOUT この記事を書いた人

SAGAT(さがっと)
2011〜16年の約5年間NY在住。留学生としてファッション工科大学(FIT)で空間デザインを学んだ後、デザイン事務所でのインターン→起業などを経て帰国。現在は個人事業主として独立し、日本の地方で「デザイン×発信」を通して地域づくりに携わる。記事に関する質問などはツイッターからどうぞ。詳しいプロフィールはこちら
【Facebookページで更新情報を配信しています】

-交通情報
-

Copyright© BASIK NEW YORK , 2017 AllRights Reserved.